名前

switch_root - 別ファイルシステムをマウントツリーのルートとして変更

書式

switch_root [-hV]

switch_root newroot init [arg...]

説明

switch_root はすでにマウントされている /proc, /dev, /sys, /runnewroot に移動して、 newroot を新たなルートファイルシステムとします。 そして init プロセスを起動します。

警告: switch_root は現在のルートファイルシステムに対して、 ファイルおよびディレクトリをすべて再帰的に削除します。

オプション

-h, --help

ヘルプテキストを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して、 終了する。

終了ステータス

switch_root は、 処理成功時に 0、 失敗時に 1 を返します。

newroot がマウントルートではなかった場合、 switch_root の処理は失敗します。 この条件を満たさないディレクトリに対してルート変更をしたい場合は、 バインドマウントを使って、 任意のディレクトリをマウントポイントにすれば実現できます。

mount --bind $DIR $DIR

作者

関連項目

chroot(2), init(8), mkinitrd(8), mount(8)

バグ報告

バグ報告は、 以下に示す issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

switch_root コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできます。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.