名前

mkfs.cramfs - 圧縮 ROM ファイルシステムの生成

書式

mkfs.cramfs [options] directory file

説明

Files on cramfs file systems are zlib-compressed one page at a time to allow random read access. The metadata is not compressed, but is expressed in a terse representation that is more space-efficient than conventional file systems.

The file system is intentionally read-only to simplify its design; random write access for compressed files is difficult to implement. cramfs ships with a utility (mkcramfs(8)) to pack files into new cramfs images.

ファイルシステムは 16 MB 未満に制限される。

Maximum file system size is a little under 272 MB. (The last file on the file system must begin before the 256 MB block, but can extend past it.)

引数

The directory is simply the root of the directory tree that we want to generate a compressed filesystem out of.

The file will contain the cram file system, which later can be mounted.

オプション

-v

詳細表示を有効にする。

-E

Treat all warnings as errors, which are reflected as command exit status.

-b blocksize

Use defined block size, which has to be divisible by page size.

-e edition

Use defined file system edition number in superblock.

-N big, little, host

指定されたエンディアンを使用する。 デフォルト値は host である。

-i file

cramfs ファイルシステムに file を挿入する。

-n name

cramfs ファイルシステム名を設定する。

-p

ブートコードとして 512 バイトを埋める。

-s

This option is ignored. Originally the -s turned on directory entry sorting.

-z

Make explicit holes.

-h, --help

ヘルプテキストを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して、 終了する。

終了ステータス

0

成功。

8

メモリ割り当て不能などの操作エラーを示す。

関連項目

fsck.cramfs(8), mount(8)

バグ報告

バグ報告は、 以下に示す issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

mkfs.cramfs コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.