名前

mkfs.bfs - SCO bfs ファイルシステムの生成

書式

mkfs.bfs [options] device [block-count]

説明

mkfs.bfs creates an SCO bfs filesystem on a block device (usually a disk partition or a file accessed via the loop device).

The block-count parameter is the desired size of the filesystem, in blocks. If nothing is specified, the entire partition will be used.

オプション

-N, --inodes number

Specify the desired number of inodes (at most 512). If nothing is specified, some default number in the range 48-512 is picked depending on the size of the partition.

-V, --vname label

Specify the volume label. I have no idea if/where this is used.

-F, --fname name

Specify the filesystem name. I have no idea if/where this is used.

-v, --verbose

Explain what is being done.

-c

このオプションは無視されます。

-l

このオプションは無視されます。

-h, --help

ヘルプテキストを表示して終了する。

-V, --version

Print version and exit. Option -V only works as --version when it is the only option.

終了ステータス

The exit status returned by mkfs.bfs is 0 when all went well, and 1 when something went wrong.

関連項目

mkfs(8)

バグ報告

バグ報告は、 以下に示す issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

mkfs.bfs コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.