名前

mkfs - Linux ファイルシステムを構築する

書式

mkfs [options] [-t type] [fs-options] device [size]

説明

この mkfs フロントエンドは、 ファイルシステムごとの mkfs.<type> ユーティリティーに置き換わっているため、 非推奨となっている。

mkfs はデバイス上に Linux ファイルシステムをビルドするために用いる。 普通はハードディスクパーティション上である。 引数 device はデバイス名 (たとえば /dev/hda1, /dev/sdb2) か、あるいはファイルシステムを含むことになる通常ファイルとする。 引数 size は、 ファイルシステムに用いるブロック数である。

mkfs が返す終了ステータスは、 成功時に 0、 失敗時に 1 である。

実際に mkfs は、 Linux 上において利用可能なさまざまなファイルシステム用のプログラム (mkfs.fstype) に対する、 単なるフロントエンドにすぎない。 ファイルシステムごとのプログラムは、 環境変数 PATH を通じてのみ検索される。 さらに詳しいことは、ファイルシステムごとのプログラムに対するマニュアルページを参照すること。

オプション

-t, --type type

生成するファイルシステムの type を指定する。 指定されなかった場合は、 デフォルトのファイルシステムタイプ (現在は ext2) が用いられる。

fs-options

ファイルシステム固有のオプション。 これは実際のファイルシステムごとのプログラムに受け渡される。

-V, --verbose

詳細出力を行う。 実行されるファイルシステム固有のコマンド結果を含む。 このオプションを 2 つ以上指定した場合は、 ファイルシステム固有のコマンドを実行しない。 これはテストの際に用いる程度のことである。

-h, --help

ヘルプテキストを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して終了する。 (オプション -V は、ただ 1 つのパラメーターとして指定した場合には、 バージョン情報表示を行う。 別のパラメーター指定があった場合は --verbose として動作する。)

バグ

共通するオプションはすべて、 ファイルシステム固有のオプションよりも手前に指定しなければならず、 組み合わせて指定してはならない。 ファイルシステム固有のプログラムの中には、 デバイスサイズを自動検出できないために、 size パラメーターの指定を必要とするものがある。

作者

このマニュアルページは、 Remy Card による ext2 ファイルシステム向けマニュアルから適用した。

関連項目

fs(5), badblocks(8), fsck(8), mkdosfs(8), mke2fs(8), mkfs.bfs(8), mkfs.ext2(8), mkfs.ext3(8), mkfs.ext4(8), mkfs.minix(8), mkfs.msdos(8), mkfs.vfat(8), mkfs.xfs(8)

バグ報告

バグ報告は、 以下に示す issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

mkfs コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.