名前

lsns - 名前空間を一覧表示する

書式

lsns [options] namespace

説明

lsns は、 現時点で利用可能なすべての名前空間、 あるいは指定された namespace についての情報を一覧表示する。 識別子 namespace は i ノード番号である。

デフォルトの出力は変更されることがある。 したがってスクリプト内で使うときには、 デフォルト出力の利用は避けること。 一定の出力が必要になる場合には、 必要とする出力モード (--tree または --list) を指定するか、 --output オプションを用いて表示項目を一覧に定義して指定すること。

--type オプションに net を指定することで表示される NSFS カラムは特別である。 これは複数行に表示される。 オプション --nowrap を指定すると、 "," 区切りによる 1 行表現に切り替わる。

なお lsns は直接 /proc ファイルシステムから情報を読み込む。したがって root ユーザー以外では、 完全な情報が得られない場合がある。今のところ /proc ファイルシステムは共有されるものではなく、 PID 名前空間によって影響される (詳しくは unshare --mount-proc 参照)。 名前空間インスタンスが /proc/pid/ns/type へのバインドマウントとなっているプロセスが存在しない状態では、 lsns は永続的な名前空間を参照することはできない。

オプション

-J, --json

出力に JSON フォーマットを使用する。

-l, --list

一覧形式の出力とする。

-n, --noheadings

ヘッダー行を表示しない。

-o, --output list

出力する項目を指定する。 --help を実行すれば、 サポートされている項目一覧を見ることができる。

list+list という書式で指定すれば、 デフォルトの項目一覧を拡張することができる (たとえば lsns -o +PATH)。

--output-all

出力可能な項目すべてを出力する。

-p, --task PID

その PID を持つプロセスによって保持されている名前空間のみを表示する。

-r, --raw

出力に生のフォーマットを使用する。

-t, --type type

指定された type の名前空間のみ表示する。 サポートされているタイプは mnt, net, ipc, user, pid, uts, cgroup, time である。 このオプションは複数指定することができる。

-u, --notruncate

カラム内のテキストを切り詰めない。

-W, --nowrap

項目出力において、 複数行表示を行わない。

-T, --tree rel

Use tree-like output format. If process is given as rel, print process tree(s) in each name space. This is default when --tree is not specified. If parent is given, print tree(s) constructed by the parent/child relationship. If owner is given, print tree(s) constructed by the owner/owned relationship. owner is used as default when rel is omitted.

-h, --help

ヘルプテキストを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して、 終了する。

作者

関連項目

nsenter(1), unshare(1), clone(2), namespaces(7), ioctl_ns(2)

バグ報告

バグ報告は、 以下に示す issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

lsns コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.