名前

isosize - iso9660 ファイルシステムの長さを出力する

書式

isosize [options] iso9660_image_file

説明

このコマンドは、 指定されたファイル内に含まれる iso9660 ファイルシステムの長さを出力する。 そのファイルは通常のファイルか、 あるいはブロックデバイス (たとえば /dev/hdd/dev/sr0) である。 オプションの指定がない場合 (エラーもなければ)、 iso9660 ファイルシステムの長さをバイト単位で出力する。 現状でこの値は、 非常に大きなもの (4 GB 以上) になる場合がある。

オプション

-x, --sectors

ブロックカウントとブロックサイズを、 読みやすい形式で表示する。 出力において、 「ブロック (block)」に対しては「セクター (sector)」という用語が用いられる。

-d, --divisor number

-x が指定されていない場合に限って、 有効な指定である。 表示される値は (エラーがなければ)、 iso9660 ファイルサイズを number で割ったバイト数である。 したがって number をブロックサイズにすれば、 表示される値はブロックカウントになる。

iso9660 ファイルシステムを保持するファイル (あるいはブロックデバイス) は、 iso9660 ファイルシステムの実際のサイズよりも、 やや大きくなる。 この理由の 1 つは、 CD ライターが iso9660 イメージを書き込む際に、 その最後に「ランアウト (run out)」セクターを追加できるようにするためである。

-h, --help

ヘルプテキストを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して、 終了する。

終了ステータス

0

成功。

1

一般的な処理失敗。 誤った使い方など。

32

すべて失敗。

64

一部が失敗。

バグ報告

バグ報告は、 以下に示す issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

isosize コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.