名前

fsck.minix - check consistency of Minix filesystem

書式

fsck.minix [options] device

説明

fsck.minix はperforms a consistency check for the Linux MINIX filesystem.

The program assumes the filesystem is quiescent. fsck.minix should not be used on a mounted device unless you can be sure nobody is writing to it. Remember that the kernel can write to device when it searches for files.

device 名は通常、以下のような書式で表される。

/dev/hda[1-63] IDE ディスク 1
/dev/hdb[1-63] IDE ディスク 2
/dev/sda[1-15] SCSI ディスク 1
/dev/sdb[1-15] SCSI ディスク 2


If the filesystem was changed, i.e., repaired, then fsck.minix will print "FILE SYSTEM HAS BEEN CHANGED" and will sync(2) three times before exiting. There is no need to reboot after check.

警告

fsck.minix should not be used on a mounted filesystem. Using fsck.minix on a mounted filesystem is very dangerous, due to the possibility that deleted files are still in use, and can seriously damage a perfectly good filesystem! If you absolutely have to run fsck.minix on a mounted filesystem, such as the root filesystem, make sure nothing is writing to the disk, and that no files are "zombies" waiting for deletion.

オプション

-l, --list

ファイル名すべてを一覧表示する。

-r, --repair

対話的な修復を行う。

-a, --auto

Perform automatic repairs. This option implies --repair and serves to answer all of the questions asked with the default. Note that this can be extremely dangerous in the case of extensive filesystem damage.

-v, --verbose

詳細に表示する。

-s, --super

Output super-block information.

-m, --uncleared

Activate MINIX-like "mode not cleared" warnings.

-f, --force

Force a filesystem check even if the filesystem was marked as valid. Marking is done by the kernel when the filesystem is unmounted.

-h, --help

ヘルプテキストを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して、 終了する。

DIAGNOSTICS

There are numerous diagnostic messages. The ones mentioned here are the most commonly seen in normal usage.

If the device does not exist, fsck.minix will print "unable to read super block". If the device exists, but is not a MINIX filesystem, fsck.minix will print "bad magic number in super-block".

終了ステータス

fsck.minix によって返される終了ステータスは、 以下を組み合わせたものである。

0

エラーなし。

3

合わせられたファイルシステムのエラー。 ファイルシステムがマウントされているものであれば、 システムの起動を必要とする。

4

ファイルシステムエラーが修復されずに残っている。

7

終了ステータス 3 と 4 の組み合わせ。

8

操作エラー。

16

使用方法または文法エラー。

作者

終了ステータス値の対応

ファイルシステムの正常フラグに対するサポート追加

マウント済ファイルシステムの fsck 防止チェック

Minix v2 fs 対応

更新対応

移植パッチ

関連項目

fsck(8), fsck.ext2(8), mkfs(8), mkfs.ext2(8), mkfs.minix(8), reboot(8)

バグ報告

バグ報告は、 以下に示す issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

mkfs.minix コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.