名前

fsck.cramfs - 圧縮された ROM ファイルシステムに対する fsck

書式

fsck.cramfs [options] file

説明

fsck.cramfs は cramfs ファイルシステムのチェックに用いられる。

オプション

-v, --verbose

詳細表示を有効にする。

-b, --blocksize blocksize

ブロックサイズを用いる。 デフォルトはページサイズである。 これは生成時に設定された値でなければならない。 --extract においてのみ用いられる。

--extract[=directory]

ファイルシステム全体の伸長処理をテストする。 任意指定として file の内容を directory へ抽出する。

-a

このオプションは無視されます。

-y

このオプションは無視されます。

-h, --help

ヘルプテキストを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して、 終了する。

終了ステータス

0

成功。

4

ファイルシステムが不適切であることを示す。

8

メモリ割り当て不能などの操作エラーを示す。

16

使用方法に関する情報が表示されたことを示す。

関連項目

mount(8), mkfs.cramfs(8)

バグ報告

バグ報告は、 以下に示す issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

fsck.cramfs コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.