名前

fdformat - フロッピーディスクの低レベルフォーマットを行う

書式

fdformat [options] device

説明

fdformat は、 フロッピーディスクの低レベルフォーマットを行う。 device は通常、 以下のいずれかである (フロッピーデバイスでは、 major 番号は 2 である。 また以下において示す minor 番号は、 参考のために示すものである)。

/dev/fd0d360  (minor = 4)
/dev/fd0h1200 (minor = 8)
/dev/fd0D360  (minor = 12)
/dev/fd0H360  (minor = 12)
/dev/fd0D720  (minor = 16)
/dev/fd0H720  (minor = 16)
/dev/fd0h360  (minor = 20)
/dev/fd0h720  (minor = 24)
/dev/fd0H1440 (minor = 28)
/dev/fd1d360 (minor = 5)
/dev/fd1h1200 (minor = 9)
/dev/fd1D360 (minor = 13)
/dev/fd1H360 (minor = 13)
/dev/fd1D720 (minor = 17)
/dev/fd1H720 (minor = 17)
/dev/fd1h360 (minor = 21)
/dev/fd1h720 (minor = 25)
/dev/fd1H1440 (minor = 29)

一般的なフロッピーデバイス、 /dev/fd0/dev/fd1 に対して、 標準ではないフォーマットを用いた場合や、 あらかじめフォーマットが自動検出できていなかった場合、 fdformat の処理は失敗する。 このような場合には、 setfdprm(8) を用いて、 ディスクパラメーターのロードを行うこと。

オプション

-f, --from N

トラック N から開始する (デフォルトは 0)。

-t, --to N

トラック N において停止する。

-r, --repair N

検証処理中に失敗となったトラックの修復を試みる (最大リトライ数 N)

-n, --no-verify

フォーマット直後に通常行われる検証処理をスキップする。

-h, --help

ヘルプテキストを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して、 終了する。

このユーティリティーは、 USB フロッピーディスクドライブを取り扱わない。 代わりに ufiformat(8) を用いること。

作者

関連項目

fd(4), emkfs(8), mkfs(8), setfdprm(8), ufiformat(8)

バグ報告

バグ報告は、 以下に示す issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

fdformat コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.