名前

blockdev - コマンドラインからブロックデバイスの ioctl を呼び出す

書式

blockdev [-q] [-v] command [command...] device [device...]

blockdev --report [device...]

blockdev -h|-V

説明

blockdev ユーティリティを使えば、 コマンドラインからブロックデバイスの ioctl を呼び出すことができる。

オプション

-q

メッセージを出力しない。

-v

詳細に表示する。

--report

指定したデバイスの情報を表示する。 複数のデバイスを指定することもできる。 何も指定しない場合は、 /proc/partitions に記載されているすべてのデバイスが表示される。 パーティションの開始セクター (StartSec) は 512-byte セクターによる表示である。

-h, --help

ヘルプテキストを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して、 終了する。

コマンド

デバイスもコマンドも複数指定できる。

--flushbufs

バッファをフラッシュする。

--getalignoff

アラインメントオフセット (alignment offset) を取得する。

--getbsz

ブロックサイズをバイト単位で表示する。 このサイズが示しているのは、 デバイスのトポロジーではない。 これは、 カーネルによって内部的に使用されるサイズであり、 マウント時に (たとえば) ファイルシステムドライバーによって変更されることもある。

--getdiscardzeroes

discard zeroes サポートの状態を取得する。

--getfra

ファイルシステムの先読み (readahead) の大きさを 512 バイトセクター単位で取得する。

--getiomin

最小 I/O サイズを取得する。

--getioopt

最適 I/O サイズを取得する。

--getmaxsect

1 リクエストあたりの最大セクター数を取得する。

--getpbsz

物理ブロック (セクター) サイズを取得する。

--getra

先読みの大きさを (512 バイトセクター単位で) 表示する。

--getro

読み込み専用か否かを検出する。 デバイスが読み込み専用ならば 1 を、 さもなければ 0 を表示する。

--getsize64

デバイスのサイズをバイト単位で表示する。

--getsize

デバイスのサイズをセクター単位で表示する (32 ビットまでしか対応していない!)。 これは非推奨であり、 --getsz オプションを使った方がよい。

--getss

論理セクターサイズをバイト単位で表示する。 通常は 512 バイトである。

--getsz

デバイスのサイズを 512 バイトセクター単位で取得する。

--rereadpt

パーティションテーブルの再読み込みを行う。

--setbsz bytes

ブロックサイズを設定する。 なお、 このブロックサイズは、 ブロックデバイスをオープンしている現在のファイルディスクリプターに限定されたものである。 そのため、 ブロックサイズの変更は blockdev がデバイスをオープンしている間だけ続き、 blockdev が終了すると失われる。

--setfra sectors

ファイルシステムの先読みの大きさを設定する (2.6 カーネルの --setra と同様)。

--setra sectors

先読みの大きさを (512 バイトセクター単位で) 設定する。

--setro

読み込み専用に設定する。 デバイスへの現在のアクティブなアクセスは、 この変更の影響を受けないかもしれない。 たとえば、 既に読み書きモードでマウントされているファイルシステムは、 影響を受けない。 変更は再マウント後に適用される。

--setrw

読み書き可に設定する。

作者

blockdev を書いたのは Andries E. Brouwer であり、 それを Karel Zak が書き直した。

バグ報告

バグ報告は、 以下に示す issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

blockdev コマンドは、 util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.