名前

blkzone - デバイスに対する zone コマンド実行

書式

blkzone command [options] device

説明

blkzone は、 ゾーンブロックコマンド (Zoned Block Commands; ZBC) またはゾーンデバイス ATA コマンド (Zoned-device ATA Commands; ZAC) をサポートするデバイスにおいて、ゾーンコマンドを実行するために用いられる。 操作対象となるゾーンは、 offset, count, length の各オプションを用いて指定される。

device 引数はブロックデバイスのパス名である。

コマンド

report

コマンド blkzone report はデバイスのゾーン情報表示に用いられる。

デフォルトでこのコマンドは、 ブロックデバイスの先頭から始まるゾーンをすべて表示する。 オプションを指定すればこの動作は変更することができ、 以降に示すように、 開始ゾーンや表示サイズを変更することができる。

レポート出力

start ゾーン開始セクター
len セクター数単位のゾーン長さ
cap セクター数単位のゾーン容量
wptr ゾーンの書き込みポインター位置
reset Reset write pointer recommended
non-seq Non-sequential write resources active
cond ゾーン条件
type ゾーンタイプ

ゾーン条件

cl Closed
nw Not write pointer
em Empty
fu Full
oe Explicitly opened
oi Implicitly opened
ol オフライン (offline)
ro 読み込み専用 (read only)
x? Reserved conditions (should not be reported)

capacity

The command blkzone capacity is used to report device capacity information.

By default, the command will report the sum, in number of sectors, of all zone capacities on the device. Options may be used to modify this behavior, changing the starting zone or the size of the report, as explained below.

reset

The command blkzone reset is used to reset one or more zones. Unlike sg_reset_wp(8), this command operates from the block layer and can reset a range of zones.

open

The command blkzone open is used to explicitly open one or more zones. Unlike sg_zone(8), open action, this command operates from the block layer and can open a range of zones.

close

The command blkzone close is used to close one or more zones. Unlike sg_zone(8), close action, this command operates from the block layer and can close a range of zones.

finish

The command blkzone finish is used to finish (transition to full condition) one or more zones. Unlike sg_zone(8), finish action, this command operates from the block layer and can finish a range of zones.

デフォルトで reset, open, close, finish の書くコマンドは、 デバイスセクター 0 のゾーンから処理を開始して、 すべてのゾーンについて処理を行う。 オプションを用いればその動作を変更できる。 これについては後述する。

オプション

引数 offsetlength には、 KiB (=1024), MiB (=1024*1024) のような乗数を表すサフィックスをつけることができる。 GiB, TiB, PiB, EiB, ZiB, YiB も同様である。 ("iB" をつけるのは任意であり、 たとえば、 "K" は "KiB" と同じ意味である)。 あるいは、 KB (=1000), MB (=1000*1000) といったサフィックスをつけてもよい。 GB, TB, PB, EB, ZB, YB も同様である。

-o, --offset sector

The starting zone specified as a sector offset. The provided offset in sector units (512 bytes) should match the start of a zone. The default value is zero.

-l, --length sectors

The maximum number of sectors the command should operate on. The default value is the number of sectors remaining after offset. This option cannot be used together with the option --count.

-c, --count count

The maximum number of zones the command should operate on. The default value is the number of zones starting from offset. This option cannot be used together with the option --length.

-f, --force

Enforce commands to change zone status on block devices used by the system.

-v, --verbose

Display the number of zones returned in the report or the range of sectors reset.

-h, --help

ヘルプテキストを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して、 終了する。

作者

関連項目

sg_rep_zones(8)

バグ報告

バグ報告は、 以下に示す issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

blkzone コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.