名前

addpart - パーティションの存在をカーネルに通知する

書式

addpart device partition start length

説明

addpart は Linux カーネルに対して、 指定されたパーティションが存在するかどうかを通知する。 このコマンドは、 "add partition" ioctl を用いる単純なラッパーである。

このコマンドは、 ブロックデバイス上のパーティションを操作するものではない。

パラメーター

device

ディスクデバイス。

partition

パーティション番号。

start

パーティションの先頭 (512 バイトセクター単位)。

length

パーティション長 (512バイトセクター単位)。

-h, --help

ヘルプテキストを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して、 終了する。

関連項目

delpart(8), fdisk(8), parted(8), partprobe(8), partx(8)

バグ報告

バグ報告は、 以下に示す issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

addpart コマンドは、 util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.