名前

uuid_time - UUID が生成された時刻を抽出する

書式

#include <uuid.h>

time_t uuid_time(uuid_t uu, struct timeval *ret_tv)

説明

uuid_time() 関数は、 指定された時刻ベースの UUID が生成された時刻を抽出する。 UUID の生成時刻は、 所定タイプの UUID においてのみ、 その内部にコード化される。 この関数が生成時刻を適切に抽出できる UUID は、 uuid_generate_time(3) 関数と uuid_generate_time_safe(3) 関数によって生成された UUID についてのみである。 この他の処理によって生成された UUID は、 抽出できる場合と、 できない場合がある。

返り値

UUID の生成時刻は、 1970 年 1 月 1 日 (UNIX エポック) からの経過秒数として返される (time(2) 参照)。 またエポックからの経過秒数と、 経過マイクロ秒数で表現した UUID 生成時刻が、 ret_tv で示されるポインターにも保存される (gettimeofday(2) 参照)。

著者

Theodore Y. Ts’o

関連項目

uuid(3), uuid_clear(3), uuid_compare(3), uuid_copy(3), uuid_generate(3), uuid_is_null(3), uuid_parse(3), uuid_unparse(3)

バグ報告

バグ報告は、 以下にある issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

libuuid ライブラリは、 util-linux 2.15.1 以降、 このパッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.