名前

write - 他のユーザーにメッセージを送る

write user [ttyname]

説明

write は、あなたが端末に入力した行を、 他の人の端末にコピーすることによって、 他のユーザーと会話ができるようにする。

コマンドを実行すると、宛先のユーザーは、 次のような形のメッセージを受け取る。

Message from yourname@yourhost on yourtty at hh:mm ...

あなたが続けて入力する行は、 1 行入力するたびに宛先の端末にコピーされる。 もし宛先の人が返事をしたいと思ったら、 その人もやはり write を実行しなければならない。

用件が済んだら、 ファイル終端文字か割り込み文字を入力する。 宛先には、 会話の終りを示す EOF という文字が表示される。

他のユーザーからのメッセージを拒否したいときは (ただしスーパーユーザーからのメッセージは拒否できない)、 mesg(1) を使えばよい。 コマンドの中には、 たとえば nroff(1) や pr(1) のように、 書き込みを自動的に拒否するものもある。 それは、自分の生成する出力が上書きされてしまわないように、そうしているのである。

メッセージを送りたい相手が、 2 つ以上の端末にログインしている場合は、 どの端末にメッセージを送るかを、 write コマンドの 2 番目の引数で指定することができる。 あるいは、端末の選択を write に任せてしまってもよい。 その場合、write は、 アイドル時間が最も短い端末を選ぶことになる。 そうすることで、 職場でログインしているユーザーが、 同時に自宅からもモデムでログインしているといった場合でも、 メッセージが適切な方に届くようにするのである。

write コマンドでやりとりするときの伝統的な約束では、 行末の `-o' や `-o' だけの行は、「あなたが話す番ですよ」という意味になる。 `oo' は、「会話を終りにしましょう」ということである。

オプション

-h, --help

ヘルプを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して終了する。

履歴

write コマンドは、AT&T UNIX Version 6 で初登場した。

関連項目

mesg(1), talk(1), who(1)

バグ報告

バグ報告は、 以下にある issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

write コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.