名前

ul - 下線をつける

書式

ul [options] [file...]

説明

ul は、 指定されたファイル (それがない場合には標準入力) を入力として、 アンダースコアが出現した箇所を、 シーケンス文字列に変換する。 この文字列は、 使用中のターミナル、 つまり環境変数 TERM によって指定される画面上で、 下線を示す文字列を表すことになる。 下線を表す適切なシーケンス文字列を決定するために、 terminfo データベースが参照される。 ターミナルに下線の機能がないかわりに、 スタンドアウトモードがある場合は、 これが用いられる。 ターミナルが重ね打ちを行うことが可能であるか、 自動的に下線を取り扱えるものであれば、 ulcat(1) と同じになる。 ターミナルに下線表示機能がない場合、 下線は無視される。

オプション

-i, --indicated

下線は、 適当な数のダッシュ `-' を含む、 独立した 1 行を使って表される。 これは CRT 端末上で、 nroff 出力ストリーム内に含まれる下線を探し出す場合に便利である。

-t, -T, --terminal terminal

指定された terminal タイプを用いて、 環境変数 TERM を上書きする。

-h, --help

ヘルプを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して終了する。

環境変数

次の環境変数が利用される。

TERM

TERM 変数は、 tty デバイスを、 そのデバイス機能の記述 (device capability description) (terminfo(5) 参照) と関連づけるために用いられる。 TERM は、 ログイン時に設定されるものである。 これは、 /etc/ttys において、 デフォルトの端末タイプが指定されることで設定される場合と、 ユーザーログイン時に、 ユーザーの login ファイルから設定される場合がある (setenv(3) 参照)。

履歴

ul コマンドは 3.0BSD で登場した。

バグ

nroff の出力では通常、 バックスペースと下線をテキストに混ぜて、 下線を表現する。 戻る動作に関しての最適化は行われない。

関連項目

colcrt(1), login(1), man(1), nroff(1), setenv(3), terminfo(5)

バグ報告

バグ報告は、 以下にある issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

ul コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.