名前

scriptlive - タイミング情報を使って、セッションのタイプスクリプトを再実行する

書式

scriptlive [options] [-t] timingfile [-I|-B] typescript

説明

このプログラムは、タイプスクリプトを再実行する。 その際、標準入力のタイプスクリプトとタイミング情報を使って、 スクリプトが記録されたときの、元の入力動作と同じリズムで、入力が行われるようにする。

セッションの再実行は、新たに作られる疑似端末でユーザーの $SHELL を使って行われる ($SHELL が設定されていない場合は、デフォルトの /bin/bash を使用する)。

十分に注意すること! タイプスクリプトには、どんなコマンドが入っているかわかったものではないのだ。 そこで、scriptlive でタイプスクリプトを実行する前に、 それが問題を起こさないことを確かめるために、"scriptreplay --stream in --log-in typescript" をやっておくことをお勧めする (--log-in の代わりに --log-io を使ってもよい)。

タイミング情報とは、 script(1) が --log-timing で指定されたファイルに出力するもののことだ。 scriptlive で使用するタイプスクリプトには、標準入力の情報が含まれていなければならないが、 それは、script1 が --log-in--log-io で指定されたファイルに書き出すものである。

オプション

-I, --log-in file

script の端末入力を記録しているファイル。

-B, --log-io file

script の端末入力と端末出力を記録しているファイル。

-t, --timing file

script のタイミング出力を記録しているファイル。 このオプションは、旧式の引数に優先する。

-T, --log-timing file

-t オプションの別名である。 script のコマンドラインオプションと名前を合わせるために維持されている。

-d, --divisor number

再生の表示を number 倍にスピードアップする。この引数 number は浮動小数点数である。このオプションが divisor (除数) と呼ばれるのは、タイミングをこの要素で割るからである。 このオプションは、旧式の引数に優先する。

-m, --maxdelay number

表示の更新間の待ち時間の最大を number 秒にする。 この引数 number は浮動小数点数である。 このオプションを使えば、タイプスクリプトの再生で長い間が明いてしまうのを避けることができる。

-h, --help

ヘルプを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して終了する。

% script --log-timing file.tm --log-in script.in
Script started, file is script.out
% date
<etc, etc>
% exit
Script done, file is script.out
% scriptlive --log-timing file.tm --log-in script.in

作者

著作権

Copyright (co 2019 Karel Zak

This is free software; see the source for copying conditions. There is NO warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

Released under the GNU General Public License version 2 or later.

関連項目

script(1), scriptreplay(1)

バグ報告

バグ報告は、 以下にある issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

scriptlive コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.