名前

rev - 入力された文字を逆に並べた行を出力する

書式

rev [option] [file...]

説明

rev ユーティリティーは、 指定されたファイルを読み込んで、 各行の文字を逆順に並べて、 標準出力へ書き出す。 ファイルが指定されなかった場合は、 標準入力から読み込みを行う。

このユーティリティーは行指向 (line-oriented) なツールであり、 長い一行全体の文字に対して、 メモリ内にバッファーを割り当てて使用する。 入力ファイルがあまりに大きく、改行文字もなかった場合には、 そのファイルへのメモリ割り当てが失敗することがある。

オプション

-h, --help

ヘルプを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して終了する。

関連項目

tac(1)

バグ報告

バグ報告は、 以下にある issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

rev コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.