名前

renice - 動作中のプロセスの優先度を変更する

書式

renice [-n] priority [-g|-p|-u] identifier...

説明

renice は、動作中のプロセス (複数指定可) のスケジューリング優先度を変更する。 1 番目の引数は、使用したい優先度 (priority) である。それ以外の引き数は、プロセス ID (デフォルト)、プロセスグループ ID、ユーザー ID、 ユーザー名と見なされる。プロセスグループを renice の対象にすると、そのプロセスグループに属するすべてのプロセスのスケジューリング優先度が変更される。 ユーザーを対象にした場合は、そのユーザーが所有するすべてのプロセスのスケジューリング優先度が変更される。

オプション

-n, --priority priority

プロセス、プロセスグループ、もしくはユーザーに対して使用したいスケジューリング優先度 priotity を指定する。-n--priotity オプションの使用は任意だが、使用するなら、最初の引数にしなければならない。

-g, --pgrp

後に続く引数群をプロセスグループ ID と見なす。

-p, --pid

後に続く引数群をプロセス ID と見なす (デフォルト)。

-u, --user

後に続く引数群をユーザー名、または UID と見なす。

-h, --help

ヘルプを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して終了する。

ファイル

/etc/passwd

ユーザー名とユーザー ID を対応させている。

注意

スーパーユーザー以外のユーザーが変更できるのは、自分が所有するプロセスの優先度だけである。 それだけではない。非特権ユーザーは "nice 値" を増やす (言い換えれば、優先度を下げる) ことしかできず、そうした変更を元に戻すことすらできない。ただし、(Linux 2.6.12 以降で) ユーザーが適切な "nice" リソースリミットを持っている場合は、そのかぎりではない (ulimit(1p), getrlimit(2) を参照)。

スーパーユーザーは、どんなプロセスの優先度でも変更できるし、優先度を -20 から 19 の範囲のどんな値にも設定することができる。有用な優先度には次のものがある。19 (この優先度を与えられたプロセスが動作するのは、 動作しようとする他のプロセスがシステム中に存在しないときだけになる)、0 (基本となるスケジューリング優先度)、負の数 (動作がきわめて速くなる)。

履歴

renice コマンドは 4.0BSD において登場した。

次のコマンドを使うと、PID が 987 と 32 のプロセス、及び daemon と root ユーザーの所有するすべてのプロセスの優先度を変更することになる。

renice +1 987 -u daemon root -p 32

関連項目

nice(1), chrt(1), getpriority(2), setpriority(2), credentials(7), sched(7)

バグ報告

バグ報告は、 以下にある issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

renice コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.