名前

namei - 終端が見つかるまでパス名をたどる

書式

namei [options] pathname...

説明

namei は、 引数をパス名として扱い、 Unix ファイルのいずれかのタイプとして解釈する (シンボリックリンク、ファイル、ディレクトリ、など)。 したがって namei は、 終端が見つかるまで各パス名をたどる (1 つのファイル、ディレクトリ、デバイスノードとなるまで)。 シンボリックリンクであることがわかった場合、 それがリンクであることを表示して、 リンクをたどる処理に入る。 そしてリンク先を示す情報を段下げして表示する。

このプログラムは 「シンボリックリンクのレベルが深すぎる」 という問題を見つけるために役立つ。

出力の各行において namei は、 見つかったファイルタイプを識別するために、 以下の文字を利用する。

   f: = 現時点で解決されたパス名
    d = ディレクトリ
    l = シンボリックリンク (リンクと内容の両方を出力)
    s = ソケット
    b = ブロックデバイス
    c = キャラクターデバイス
    p = FIFO (名前つきパイプ)
    - = 通常ファイル
    ? = 何かのエラー

システムが許容するシンボリックリンクの最大数を超えた場合、 namei はこれを示す情報をメッセージ出力する。

オプション

-l, --long

長い一覧形式を利用する (-m -o -v と同じ)。

-m, --modes

各ファイルタイプのモードビットを ls(1) のように出力する。 たとえば 'rwxr-xr-x' 。

-n, --nosymlinks

シンボリックリンクをたどらない。

-o, --owners

各ファイルの所有者およぶグループ名を表示する。

-v, --vertical

モードと所有者を縦に並べる。

-x, --mountpoints

マウントポイントのディレクトリを 'd' ではなく 'D' を使って表示する。

-h, --help

ヘルプを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して終了する。

バグ

検出に努めている。

作者

namei プログラムの原型を書いたのは、

である。 プログラムを書き直したのは Karel Zak

関連項目

ls(1), stat(1), symlink(7)

バグ報告

バグ報告は、 以下にある issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

namei コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.