名前

mesg - 他のユーザーから来たメッセージを表示する (表示しない)

書式

mesg [option] [n|y]

説明

ユーザーは mesg ユーティリティーを実行することで、 標準エラー出力と結びついている自分の端末デバイスに対して、 他のユーザーが持つ書き込み権限を制御することができる。 端末への書き込みが許可されていると、他のユーザーが実行する talk(1) や write(1) のようなプログラムが、その端末にメッセージを表示できるようになる。

伝統的には、書き込みは許可するのがデフォルトである。 しかし、ユーザーがセキュリティ上の様々なリスクをより意識するようになるにつれて、 少なくとも最初のログインシェルに対しては、デフォルトでは書き込みを許可しない傾向にある。 自分の tty の設定状態を確実に自分の望むようにするには、 mesg をログインスクリプトで実行するべきである。

mesg ユーティリティーは、端末からの実行ではない場合、 メッセージを出力せず、 エラーステータス 2 で終了する。 mesg をこのように実行しても意味はない。 この状況では、コマンドラインオプション --verbose を付ければ、 mesg が警告メッセージを出力するようになる。 こうした動作は、バージョン 2.33 で採用されたものである。

引数

n

メッセージを許可しない。

y

メッセージの表示を許可する。

引数を指定しない場合、mesg は、現在のメッセージ受け入れ状態を標準エラー出力に表示する。

オプション

-v, --verbose

何が行われているかを説明する。

-h, --help

ヘルプを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して終了する。

終了ステータス

mesg ユーティリティーは、次の値の一つで終了する。

0

メッセージは許可されている。

1

メッセージは許可されていない。

>1

エラーが発生した。

ファイル

/dev/[pt]ty[pq]?

履歴

mesg コマンドは、AT&T UNIX Version 6 で初登場した。

関連項目

login(1), talk(1), write(1), wall(1), xterm(1)

バグ報告

バグ報告は、 以下にある issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

mesg コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.