名前

look - 指定文字列で始まる行を表示する

書式

look [options] string [file]

説明

look ユーティリティーは、 string という文字列をプリフィックスとして含む file の行を表示する。 look は二分探索を行うため、 file 内の行は、 ソートを行っておく必要がある (その際には look を呼び出す際と同じ -d または -fsort(1) に与えておく必要がある)。

file が指定されなかった場合は、 /usr/share/dict/words ファイルが用いられる。 ただしそのときには、 アルファベット文字のみが比較され、 さらに大文字小文字は無視される。

オプション

-a, --alternative

別の辞書ファイルを用いる。

-d, --alphanum

普通の辞書における文字セットと並び順を用いる。 つまり、 アルファベット文字と空白だけが、 文字比較の対象となる。 ファイルが指定されなかった場合のデフォルトは、 オンである。

なお、 辞書における文字セットに空白が加えられたのは、 バージョン 2.28 からであり、 sort -d コマンドとの互換性のためである。

-f, --ignore-case

アルファベットの大文字小文字を無視する。 ファイルが指定されなかった場合のデフォルトは、 オンである。

-t, --terminate character

文字列の終端文字を指定する。 つまり、文字列の比較にあたっては、 string 内の最初に character が現れたところまでを、 その文字も含めて比較対象とする。

-h, --help

ヘルプを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して終了する。

look ユーティリティーは、 1 つまたは複数の行が見つかり表示されれば、 0 を返す。 行が見つからなければ 1 を返す。 エラー発生時は 1 以上を返す。

環境変数

WORDLIST

辞書ファイルへのパス。 FILES セグメントに定義される辞書パスよりも、 環境変数の方が優先される。

ファイル

/usr/share/dict/words

辞書。

/usr/share/dict/web2

別の辞書。

履歴

look コマンドが登場したのは、AT&T UNIX バージョン 7 である。

sort -d /etc/passwd -o /tmp/look.dict
look -t: root:foobar /tmp/look.dict

関連項目

grep(1), sort(1)

バグ報告

バグ報告は、 以下にある issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

look コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.