名前

irqtop - カーネルの割り込み情報を表示するユーティリティー

書式

irqtop [options]

説明

top(1) のような表示により、 カーネルの割り込みカウンターの情報を表示する。

デフォルトの出力は変更される可能性がある。 したがって可能であれば、 スクリプト内からの利用において、 デフォルト出力を用いることは避けること。 --output を使って、 思い通りのカラムを明示的に定義すべきである。

オプション

-o, --output list

どのカラムに出力するかを指定する。 サポートされているカラムの一覧は --help から確認すること。 list を +list という形式で指定すれば、 デフォルトのカラムリストが拡張される。

-c, --cpu-stat mode

指定されたモードによる CPU ごとの統計情報を表示する。 指定可能なモードは auto, enable, disable である。 デフォルトオプションである auto では画面幅を検出して、 CPU ごとの統計情報の出力にあたって、 画面幅が十分にあれば、 統計情報の全行を表示する。

-d, --delay seconds

割り込みの出力を seconds ごとに更新する。

-s, --sort column

カラム名を用いて並び替え条件を指定する。 --help の出力から、 カラム名が確認できる。 並び替え条件は、 対話モードでは変更される。

-S, --softirq

softirqs 情報を表示する。

-h, --help

ヘルプを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して終了する。

対話モードのキーコマンド

i

短い irq 名、 または番号でソートする。

t

割り込みの総数 (total count) でソートする (デフォルト)。

d

割り込みのデルタカウントでソートする。

n

長い説明文でソートする。

q Q

更新を停止してプログラムを終了する。

作者

バグ報告

バグ報告は、 以下にある issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

irqtop コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.