名前

colcrt - nroff の出力を CRT で表示するためのフィルター

書式

colcrt [options] [file ...]

説明

colcrt は、半改行 (half-line)、逆改行 (reverse line) の機能を持たない端末に、 仮想的にその機能を提供する。 重ね打ち (overstriking) は通常の出力となる。 半改行文字と下線 (ダッシュ`-' に置換される) は、 通常の出力行の間に新しい行を設けて出力される。

オプション

-, --no-underlining

下線をいっさい出力しない。 このオプションは、 特に tbl(1) の allboxed で描かれた表を表示する際に便利である。

-2, --half-lines

半改行を出力する。 したがって出力幅が実質 2 倍になる。 Normally, a minimal space output format is used which will suppress empty lines. The program never suppresses two consecutive empty lines, however. The -2 option is useful for sending output to the line printer when the output contains superscripts and subscripts which would otherwise be partially invisible.

-h, --help

ヘルプを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して終了する。

履歴

colcrt コマンドは 3.0BSD で登場した。

バグ

- オプションを使用したとしても、 本当の下線文字が表示されるように、 下線は空白の上に折りたたむべきである。

102 を超える行は、 逆送りすることはできない。

重ね打ちは、 一般的には無効となる。 ただし特別なケースとして、 '-' や下線を使って '|' を重ね打ちすると、 '+' になる。

各行は 132 文字で切り捨てられる。

行間が 2 行スペース (double-space) になっている文書に対して、 上付き文字と下付き文字を処理することが必要である。

colcrt の通常の使い方は、 以下のようなものである。

tbl exum2.n | nroff -ms | colcrt - | more

関連項目

col(1), more(1), nroff(1), troff(1), ul(1)

バグ報告

バグ報告は、 以下にある issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

colcrt コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.