名前

col - 入力内の逆改行コードを処理するフィルター

書式

col options

説明

col は、 逆方向への改行 (および半改行) を取り除き、 順方向の改行または半改行を使って、 出力結果を適切な順に並べる。 そして可能であれば、 ホワイトスペース文字をタブに置き換える。 これは nroff(1) や tbl(1) の出力を処理する際に利用できる。

col は標準入力から読み込みを行い、 標準出力へ書き出しを行う。

オプション

-b, --no-backspaces

バックスペースを出力しない。 各カラム位置に書かれる最後の文字のみを出力する。

-f, --fine

半改行文字の利用を許可する。 通常、 半改行内に配置される文字は、 次の行に出力される。

-h, --tabs

複数の空白文字でなく、 タブ文字を出力する。

-l, --lines number

メモリ上に、 最低 number 行分のバッファーを確保する。 デフォルトでは、 128 行分がバッファー保存される。

-p, --pass

不明なコントロールシーケンスを、 変更することなくそのまま表示する。 通常 col は不明なコントロースシーケンスは取り除く。 独自に認識し解釈できるものだけを取り扱う。 これについては後に示す。

-x, --spaces

タブ文字ではなく、 複数の空白文字を出力する。

-h, --help

ヘルプを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して終了する。

準拠

col ユーティリティーは、 Single UNIX Specification, Version 2 に準拠する。 -l オプションは、 この規格を拡張したものである。

注意

col が改行動作 (carriage motion) として認識するエスケープシーケンスと、 その 10 進数値は、 以下の一覧に列記する。

ESC-7

逆方向の改行 (エスケープと 7)

ESC-8

逆方向の半改行 (エスケープと 8)

ESC-9

順方向の半改行 (エスケープと 9)

バックスペース

1 カラム分、 手前に戻る (8)。 第 1 カラムでは無視される。

newline

順方向の改行 (10)。 行頭への復帰も行う。

復帰 (carriage return)

(13)

シフトイン (shift in)

通常の文字セットにシフトする (15)。

シフトアウト (shift out)

別の文字セットにシフトする (14)。

空白 (space)

順方向に 1 カラム分移動する (32)。

タブ (tab)

次のタブストップへ移動する (9)

垂直タブ

逆方向の改行 (11)。

認識できないコントロールシーケンスやエスケープシーケンスは、 すべて無視される。

col は文字読み込みの際に、 その文字セットの追跡を行う。 そして文字出力の際に、 文字セットが正しいかどうかを確認する。

最後に出力を終えた行に対して、 入力が保存されるような場合には、 col は警告メッセージを表示する。

履歴

col コマンドは Version 6 AT&T UNIX で登場した。

関連項目

expand(1), nroff(1), tbl(1)

バグ報告

バグ報告は、 以下にある issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

col コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.