名前

chfn - ユーザーの finger 情報を変更する

書式

chfn [-f full-name] [-o office] [-p office-phone] [-h home-phone] [-u] [-v] [username]

説明

chfn の用途は、ユーザーの finger 情報を変更することである。 そうした情報は、/etc/passwd ファイルに記録されており、 finger プログラムによって表示される。 Linux の finger コマンドは、4 種の情報を表示するが、 chfn を使えば、 そうしたものを変更することが可能である。 4 種の情報とは、 ユーザーのフルネーム、 オフィスの部屋番号、 その電話番号、 それに自宅の電話番号である。 

4 種の情報は、いずれもコマンドラインで指定することができる。 コマンドラインでどの情報も指定しなかった場合、 chfn は対話モードになる。

対話モードでは、 chfn が各フィールドごとにプロンプトを出して、入力を促す。 プロンプトが出たら、 新しい情報を入力する。 フィールドを変更しないでおきたかったら、 何も入力せずにリターンキーを押せばよい。 "none" というキーワードを打ち込めば、 フィールドを空にすることができる。

chfn は、 libuser ライブラリとリンクしていれば、 ユーザーアカウント情報がローカルにない場合 (kerberos や LDAP などを使用している場合) にも対応する。 リンクしていない場合は、ypchfn(1) や lchfn(1) のような、 非ローカルなアカウント情報に対応している chfn の実装を使用すればよい。

オプション

-f, --full-name full-name

ユーザーのフルネームを指定する。

-o, --office office

オフィスの部屋番号を指定する。

-p, --office-phone office-phone

オフィスの電話番号を指定する。

-h, --home-phone home-phone

自宅の電話番号を指定する。

-h, --help

ヘルプを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して終了する。

設定ファイル項目

chfn は、設定ファイル /etc/login.defs を読み込む (login.defs(5) 参照)。 なお、 この設定ファイルは、 他のパッケージ (たとえば、shadow-utils) の一部として配布されているかもしれない。 chfn(1) に関係するのは、 以下の設定項目である。

CHFN_RESTRICT string

どのフィールドが chfn によって変更できるかを指示する。

これをブール値の yes に設定すると、 変更可能なフィールドが、 オフィス、 オフィスの電話番号、 自宅電話番号の 3 箇所のみになり、 ブール値の no にすると、 さらにフルネームも変更可能になる。

変更可能なフィールドを指定するもう一つの方法は、 略号を使うことだ。 すなわち、f = フルネーム (Full Name), r = オフィス (room), w = オフィスの電話番号 (work phone), h = 自宅電話番号 (Home Phone) である。たとえば、CHFN_RESTRICT "wh" と指定すれば、 オフィスと自宅の電話番号を変更できることになる。

CHFN_RESTRICT が未定義だと、 すべての finger 情報が読み取り専用になる。 これがデフォルトである。

終了ステータス

操作に成功すれば 0 を返し、 操作に失敗したり、 コマンドの書式が無効なときは、1 を返す。

作者

関連項目

chsh(1), finger(1), login.defs(5), passwd(5)

バグ報告

バグ報告は、 以下にある issue トラッカーを利用すること。 <https://github.com/util-linux/util-linux/issues>.

入手方法

chfn コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>.