名前

svnserve - 'svn' リポジトリアクセス方式に対応するサーバー

書式

svnserve [options]

説明

svnserve は、 ネットワークプロトコル svn を使って、 Subversion リポジトリへのアクセスを行います。 これはスタンドアロンのサーバープロセスとして実行可能であり、 また inetd を使って実行することも可能です。 svnserve を実行する際には、 操作モードを選んでおく必要があります。 以下に示すオプションが用いられます。

-d, --daemon

svnserve をデーモンモードで起動します。 svnserve がバックグラウンドで実行されて、 svn ポート (デフォルトで 3690) 上から TCP/IP 接続を受け付け、 また提供します。

--listen-port=port

デーモンモードでの実行時に、 svnserve が待ち受ける port を指定します。

--listen-host=host

host によって指定されるインターフェースから svnserve が待ち受けるようにします。 指定にあたっては、 ホスト名または IP アドレスを用います。

--foreground

-d とともに用いることで、 svnserve をフォアグラウンド実行のままとします。 このオプションは主にデバッグ目的で利用することができます。

-i, --inetd

svnserve が stdin/stdout ファイルディスクリプターを用いるようにします。 inetd からデーモン実行する場合に適しています。

-h, --help

使用方法の概要を示して終了します。

--version

svnserve のバージョンを表示します。 また特定の svnserve がサポートするリポジトリのファイルシステムバックエンドを表示します。

-r root, --root=root

svnserve が提供するリポジトリの仮想ルートを設定します。 クライアントから指定される URL 内のパス名は、 このルートからの相対パスとして解釈されます。 このルート以外をアクセスすることはできません。

-R --read-only

この svnserve インスタンスを通じて行われる書き込み操作を、 強制的にすべて禁止します。 これは、 アクセスポリシーを定めた設定を上書きします。 このオプションは、 通常のリポジトリアクセスポリシーには用いないでください。 それを行うのは、 リポジトリ設定ファイル conf/svnserve.conf です。 このオプションは、 特定の方法によって起動した svnserve に対しての限定的なアクセス時に用いてください。 たとえば書き込みアクセスを svnserve デーモン経由ではなく、 SSH 経由で行うような場合です。 あるいは、 読み込みアクセスにのみ利用する限定的な SSH 鍵を生成して利用するような場合です。

-t, --tunnel

トンネルモード (tonnel mode) により svnserve を実行します。 これは inetd モードによる動作に似ています (stdin/stdout を通じて一接続を提供します)。 ただしその際の接続は、 現在の uid によるユーザー名を使い、 あらかじめ事前承認されたものとして動作する点が異なります。 トンネルエージェントを介して動作しているクライアントにより、 本フラグが選択されます。

--tunnel-user=username

--tunnel とともに組み合わせて、 事前承認されたユーザー名を、 指定された username によって上書きします。 これは ssh の authorized_key ファイルにある "command" ディレクティブと合わせて用いると便利です。 複数のコミットユーザーが、 単一のシステムアカウントを利用するようなことが可能になります。 この場合、 ssh の認証は別々のものとなります。

-T, --threads

デーモンモードでの実行時に、 svnserve が各接続に対してプロセスを実行するのではなく、 スレッドを実行するようにします。 svnserve プロセスは、 起動直後にバックグラウンド実行されて起動し続けます。

--config-file=filename

これが指定されると、 svnserve は起動時に一度だけ filename の内容を読み込み、 svnserve 設定としてキャッシュします。 パスワードと認証の設定は filename から参照されますが、 各接続ごとにロードされます。 このオプションが指定された場合、 svnserve はリポジトリごとの conf/svnserve.conf ファイルは読み込みません。 svnserve.conf(5) ファイルにおける本オプションの書式については、 その man ページを参照してください。

--pid-file=filename

これを指定した場合、 svnserve はプロセス ID を filename に書き出します。

-X, --listen-once

svnserve が svn ポートからのアクセスを 1 度だけ行い、 それに対する返信を行って終了します。 このオプションは主にデバッグ目的で利用することができます。

--config-file オプションがコマンドラインから指定されなかった場合には、 クライアントから URL 送信によってリポジトリが選択された際に、 svnserve はリポジトリ内の conf/svnserve.conf というファイルを読み込みます。 このファイルは、 利用する認証データベースや認可ポリシーなど、 リポジトリ固有の設定を定めるものです。 svnserve.conf(5) のファイルフォーマットの詳細は、 その man ページを参照してください。

関連項目

svnserve.conf(5)