名前

ps2pdfwr - ghostscript 利用にして、 互換性レベルを指定せずに PostScript から PDF への変換を行う

書式

ps2pdfwr [options...] {input.[e]ps|-} [output.pdf|-]

説明

このラッパースクリプトは、 以下の引数を使って gs(1) を呼び出します。

-q -dNOPAUSE -dBATCH -sDEVICE=pdfwrite

これに加えて -dOutputFile 引数を適切に指定します。 コマンドライン上においては、その前後に必要な引数を与えます。 最終的に、 すべてのオプション引数の前に、 セキュリティオプション -dSAFER がつけ加えられます (現在は "SAFER" がデフォルトになったため、 このオプションは無駄なものになりましたが、 これがあっても影響はありません)。

バージョンごとの ps2pdf スクリプトは、 すべてこのスクリプトを呼び出しており、 その際にはそれぞれの互換性レベルオプションをつけて実行されます。

関連項目

gs(1), ps2pdf(1)

バージョン

このドキュメントは Ghostscript バージョン 9.56.1 向けに改訂されました。

著者

Ghostscript の主要メンテナーは Artifex Software, Inc. です。 本 man ページは George Ferguson によるものです。