名前

ps2pdf - ghostscript を用いた PostScript から PDF への変換
ps2pdf12 - ghostscript を用いた PostScript から PDF 1.2 (Acrobat 3 以降との互換) への変換
ps2pdf13 - ghostscript を用いた PostScript から PDF 1.3 (Acrobat 4 以降との互換) への変換
ps2pdf14 - ghostscript を用いた PostScript から PDF 1.4 (Acrobat 5 以降との互換) への変換

書式

ps2pdf [options...] {input.[e]ps|-} [output.pdf|-]
ps2pdf12 [options...] {input.[e]ps|-} [output.pdf|-]
ps2pdf13 [options...] {input.[e]ps|-} [output.pdf|-]
ps2pdf14 [options...] {input.[e]ps|-} [output.pdf|-]

説明

ps2pdf スクリプトは、 Adobe の Acrobat(TM) Distiller(TM) 製品が持つ機能性を、 ほぼ同様に実現して動作します。 これは PostScript ファイルを Portable Document Format (PDF) ファイルに変換するものです。

出力ファイル名が指定されなかった場合、出力ファイルは、 入力ファイル名に対して拡張子 '.pdf' がつけられた名前となり、 カレントなワーキングディレクトリに出力されます。 入力ファイル名か出力ファイル名は、 '-' と指定することができます。 これはそれぞれ、 標準入力からの読み込み、 あるいは標準出力への書き出しを行うものであり、 フィルターとして利用されます。

3 つのスクリプトの違いは以下のとおりです。

ps2pdf による変換にあたっては、 制約がいくつかあります。 詳しくは HTML ドキュメントを参照してください。 そのドキュメントには、 変換処理を制御するための数多くの Adobe Distiller(TM) パラメーターについても説明しています。 また PDF/X と PDF/A ドキュメントを生成する手順も含まれます。

オプション

ps2pdf スクリプトは、 gs(1) と同じオプションを用います。

figure.ps から figure.pdf への変換。

ps2pdf figure.ps

より詳細な変換。

ps2pdf -dPDFSETTINGS=/prepress figure.ps proof.pdf

パイプを使った変換。

make_report.pl -t ps | ps2pdf -dCompatibilityLevel=1.3 - - | lpr

関連項目

gs(1), ps2pdfwr(1),
Ghostscript ドキュメント内の VectorDevices.htm

バグ

http://bugs.ghostscript.com/ と、 Usenet ニュースグループの comp.lang.postscript を参照してください。

バージョン

このドキュメントは Ghostscript バージョン 9.56.1 向けに改訂されました。

著者

Ghostscript の主要メンテナーは Artifex Software, Inc. です。 本 man ページは George Ferguson によるものです。