名前

zmore - 圧縮されたテキストを CRT で見るためのファイル閲覧フィルター

書式

zmore [ name ... ]

説明

zmore コマンドは、 圧縮されたテキストファイルや通常のテキストファイルを、 ソフトコピー端末上で一度に全画面で閲覧するためのフィルターである。 zmorecompress, pack, gzip で圧縮されたファイルに対して動作する (圧縮されていないファイルに対しても動作する)。 ファイルが存在しない場合、 zmore は、 そのファイル名に拡張子 .gz, .z, .Z をつけた名前のファイルを探す。

zmore コマンドは通常、 1 画面毎に画面の一番下に --More-- と表示して一時停止する。 キャリッジリターンを打つと、 1 行分表示を進める。 スペースを打つと、 1 画面分表示を進める。 他のキーについては、 後に列挙する。

zmore コマンドは、 端末の特性とデフォルトのウインドウサイズを決定するために、 ファイル /etc/termcap を調べる。 24 行表示できる端末では、 デフォルトのウインドウサイズは 22 行である。 デフォルトの more 以外のページャーを使いたい場合、 環境変数 PAGER を less のような好みのプログラム名に設定すること。

zmore が一時停止しているときに打つことのできる、 その他のシーケンスとその結果は次の通りである (i はオプションの引き数 (整数値) で、 デフォルトは 1 である)。

i <space>

i 行分表示を進める (引き数が与えられない場合、 1 画面分進める)。

^D

11 行進めて表示する (“スクロール”)。 i が与えられると、 スクロールサイズが i に設定される。

  1. ^D (control-D) と同じ。

i z

i が与えられた場合に新しいウインドウサイズになる、 という以外はスペースを打った場合と同じ。

i s

i 行分スキップし、 画面いっぱいに表示する。

i f

i  画面分スキップし、 画面いっぱいに表示する。

q または Q

終了する。

=

現在の行番号を表示する。

i/expr

正規表現 expri  番目の場所を検索する。 削除文字やキル文字を正規表現を編集するために使用してもよい。 最初の桁を越えて削除すると、 検索コマンドはキャンセルされる。

i n

前に打ち込んだ正規表現の i  番目の場所を検索する。

!command

command でシェルを起動する。 "command" 内の `!' という文字は、 前のシェルコマンドで置き換えられる。 "\!" という文字列は "!" で置き換えられる。

:q または :Q

終了します (q または Q と同様)。

.

(ドット) 前のコマンドを繰り返す。

コマンドはすぐに影響を及ぼす。 つまりキャリッジリターンを打つ必要はない。 ユーザーはコマンド文字そのものを打つ前に、 数値の引き数の入力をキャンセルするために、 キル文字を打ち込むことができる。 さらに、 ユーザーは --More-- というメッセージを もう一度表示させるために、 削除文字を打ち込むことができる。

出力が端末に送られるどの時点でも、 ユーザーは終了キー (通常は control-\) を 打ち込むことができる。 zmore は出力を送るのを止めて、 通常の --More-- プロンプトを表示する。 その後、 ユーザーは上のコマンドを普通の方法で打ち込むことができる。 終了キーを打った場合に、 運悪く出力が失われることがある。 それは、 終了シグナルが起きたときに、 端末の出力キューで待っていたすべての文字がフラッシュされてしまったためである。

このプログラムは出力を連続的なものにするために、 端末を noecho モードにする。 / と ! コマンドを除いて、 打ち込まれた文字は端末上に見えない。

標準出力がテレタイプでない場合、 zmorezcat のように動作する。 ただしファイルが複数ある場合は、 ヘッダーが各ファイルの前に表示される。

ファイル

/etc/termcap

端末データベース

関連項目

more(1), gzip(1), zdiff(1), zgrep(1), znew(1), zforce(1), gzexe(1)