名前

gzip, gunzip, zcat - ファイルの圧縮、伸長を行う

書式

gzip [ -acdfhklLnNrtvV19 ] [-S suffix] [ name ... ]


gunzip [ -acfhklLnNrtvV ] [-S suffix] [ name ... ]
zcat [ -fhLV ] [ name ... ]

説明

gzip コマンドは Lempel-Ziv コーディング (LZ77) を利用して、 指定されたファイルのサイズを小さくする。 各ファイルは、所有権、 アクセス時刻、 修正時刻を保存したまま、 拡張子 .gz をつけたファイルに置き換えられる (デフォルトの拡張子は、 MSDOS, OS/2 FAT, Windows NT FAT, Atari では z である)。 ファイルが指定されない場合や、 ファイル名が "-" の場合、 標準入力を圧縮して標準出力に書き出す。 gzip コマンドが圧縮対象とするのは、 通常のファイルだけである。 特に、 シンボリックリンクは無視される。

圧縮されたファイル名が、 そのファイルシステム上では長すぎる場合、 gzip はファイル名を切り詰める。 gzip はファイル名のうちの 4 文字以上のパートを切り詰めようとする。 (各パートはドットで区切られている。) 小さなパートだけからファイル名ができている場合、 もっとも長いパートが切り詰められる。 たとえば、 ファイル名が 14 文字までに制限されている場合、 gzip.msdos.exe は gzi.msd.exe.gz という名前で圧縮される。 ファイル名の長さに制限がないシステムでは、 ファイル名が切り詰められることはない。

デフォルトでは、 gzip は圧縮ファイルの中に元ファイルの名前とタイムスタンプを保存する。 これらの情報はファイルを -N オプションで伸長するときに使われる。 これは、 圧縮されたファイルの名前が切り詰められた場合や、 ファイル転送の後でタイムスタンプが保存されなかった場合に役立つ。

圧縮されたファイルは gzip -d, gunzip, zcat を使うと元の形に復元することができる。 圧縮ファイルに保存された元ファイルの名前がファイルシステムに適合しない場合、 そのファイルシステムに適合するように元の名前から新しい名前が作られる。

gunzip は、 コマンドラインからファイルのリストを受け取り、 ファイル名の末尾が .gz, -gz, .z, -z, _z (大文字小文字は区別しない) でファイルが正しいマジックナンバーで始まっている各ファイルを伸長したファイルに置き換える。 このとき圧縮ファイルの拡張子は取り除かれる。 gunzip.tgz.taz という特別な拡張子も認識する。 これらはそれぞれ、 .tar.gz.tar.Z の省略形である。 gzip は、 圧縮する際に、 必要であれば、 拡張子が .tar のファイルの名前を切り詰める代わりに .tgz という拡張子を使う。

gunzipgzip, zip, compress, compress -H, pack で作られたファイルを正しく伸長できる。 入力形式の検知は自動的に行われる。 はじめの 2 つの形式を使った場合、 gunzip は 32 ビットの CRC をチェックする。 pack に対して、 gunzip は伸長した長さをチェックする。 標準的な compress 形式は、 整合性チェックをするようには設計されていない。 しかし gunzip は壊れた .Z ファイルを検知することができる場合もある。 .Z ファイルを 伸長しているときにエラーが出たときには、 単に標準の uncompress がエラーを出さないという理由だけで .Z ファイルが正しいと考えてはならない。 一般的にいうと、 標準的な uncompress は入力をチェックせず、 脳天気にゴミを出力してしまうことがある。 SCO の compress -H 形式 (lzh 圧縮法) は CRC を含んでいないが、 いくつかの整合性チェックができる。

zip によって作られたファイルは、 元ファイルが 1 つだけ含まれ、 かつ、 そのファイルが 'deflation' 法で圧縮されている場合にのみ、 gzip で伸長することができる。 この機能は、 tar.zip ファイルを tar.gz 形式へ変換する際の補助となることだけを意図している。 元ファイルが 1 つだけの zip ファイルを伸長するには、 gunzip <foo.zip や gunzip -S .zip foo.zip といったコマンドを使用する。 複数の元ファイルを含んでいる zip ファイルを伸長するためには、 gunzip ではなく unzip を使うこと。

zcat コマンドは gunzip -c と同一である。 (compress へのオリジナルのリンクを保存するために、 zcatgzcat としてインストールされているシステムもあるかもしれない。) zcat はコマンドラインで指定されたファイルのリストまたは標準入力を伸長し、 伸長したデータを標準出力に書き出す。 zcat はファイルが .gz という拡張子であるかどうかにかかわらず、 正しいマジックナンバーを持っているファイルであれば伸長しようとする。

gzip コマンドは zip と PKZIP で使われている Lempel-Ziv アルゴリズムを使う。 得られる圧縮量は、 入力のサイズと共通の部分データ列の分布に依存する。 一般に、 ソースコードや英文といったテキストでは 60-70% 小さくなる。 (compress に使われている) LZW、 (pack に使われている) Huffman コーディング、 (compact に使われている) 適応 Huffman コーディング、 による圧縮に比べて、 この圧縮率は一般にかなり良い。

たとえ圧縮されたファイルが元ファイルより少し大きくなるとしても、 圧縮は常に行われる。 最悪の場合、 gzip ファイルヘッダーのための数バイトと 32 K バイトブロックごとに 5 バイトの増加となり、 大きなファイルでは 0.015% の増加率となる。 ただし実際の使用ディスクブロック数は、 ほとんど絶対に増加しない。

gzip は圧縮、伸長時にファイルのアクセス権、所有者、タイムスタンプを維持する。 適切な権限を有していれば、 ファイル所有者やグループについても維持される。

オプション

-a --ascii

アスキーテキストモード: 局所変換を使って行末の変換をする。 このオプションは、 いくつかの非 Unix システムでサポートされている。 MSDOS では、 圧縮時に CR LF が LF に変換され、 伸長時に LF が CR LF に変換される。

-c --stdout --to-stdout

出力を標準出力に書き出し、 元ファイルを変更しない。 入力ファイルが複数ある場合、 出力はファイル毎に圧縮されたものとなる。 圧縮率を上げるには、 圧縮する前にすべての入力ファイルを (tar などで) まとめること。

-d --decompress --uncompress

伸長する。

-f --force

ファイルが複数のリンクを張られていたり、 対応するファイルが既に存在していたり、 圧縮されたデータが端末に対して読み書きされてしているような場合でも、 強制的に圧縮、 伸長を行う。 入力データが gzip で認識できない形式のときに --stdout オプションが指定されていると、 入力データは変更なしに標準出力にコピーされる。 つまり、 zcatcat として動作させる。 -f が指定されず、 かつバックグラウンドで動作していない場合、 gzip は既に存在するファイルを上書きするかを問い合わせるプロンプトを出す。

-h --help

ヘルプ画面を表示して終了する。

-k --keep

圧縮中または伸長中に、 入力ファイルを保持する (削除しない)。

-l --list

圧縮された個々のファイルについて、 以下のフィールドを列挙する。

compressed size: 圧縮されたファイルのサイズ uncompressed size: 伸長されたファイルのサイズ ratio: 圧縮率 (不明の場合は 0.0%) uncompressed_name: 伸長されたファイルの名前

compress でつくられた .Z ファイルのように、 gzip 形式でないファイルの伸長時サイズは -1 と表示される。 そのようなファイルについて伸長されたファイルのサイズを求める場合は、 以下のコマンドを使えばよい。

zcat file.Z | wc -c

--verbose オプションと組み合わせると、以下のフィールドも表示される。

method: 圧縮法 crc: 伸長されたデータの 32 ビット CRC date & time: 伸長されたファイルのタイムスタンプ

現在サポートされている圧縮法は、 deflate, compress, lzh (SCO compress -H), pack である。 gzip 形式でないファイルについて、 crc は ffffffff とされる。

--name が同時に指定されると、 (もし記録されているなら) 伸長されたファイルの名前、 日付、 時刻は 圧縮ファイル内に記録されているものになる。

--verbose が同時に指定されると、 どれかのファイルのサイズが不明でない限り、 サイズの合計とその圧縮率も表示される。 --quiet が同時に指定されると、 タイトルと合計の行は表示されない。

-L --license

gzip のライセンスを表示して終了する。

-n --no-name

デフォルトで圧縮時に元ファイルの名前とタイムスタンプを保存しない (元の名前を切り詰める必要がある場合は元の名前は必ず保存される)。 伸長時に、 元のファイル名が存在しても復元せず (圧縮ファイル名から gzip 拡張子を取り除くだけとし)、 元ファイルのタイムスタンプが存在しても復元しない (圧縮ファイルから他インプスタンプをコピーする)。 このオプションは伸長時のデフォルトである。

-N --name

圧縮時には元のファイル名を必ず保存する。 また元のファイルが通常ファイルであって、 そのタイムスタンプが最低でも 1 (1970-01-01 00:00:01 UTC)、 さらに 2**32 (2106-02-07 06:28:16 UTC, うるう秒を考慮しない場合) 未満である場合に、 元のファイルの修正タイムスタンプの秒部分を保存する。 これがデフォルトの動作である。 伸長時には、ファイル名とタイムスタンプが保存されていれば復元する。 このオプションは、 ファイル名の長さに制限があるシステムや、 ファイル転送の後にタイムスタンプが失われた場合に役立つ。

-q --quiet

すべての警告を抑制する。

-r --recursive

ディレクトリ構造を再帰的に巡る。 コマンドラインで指定されたファイル名がディレクトリであった場合、 gzip は、 ディレクトリ内に入り、 見つかったすべてのファイルを圧縮する (gunzip の場合は、 すべてのファイルを伸長する)。

-S .suf --suffix .suf

圧縮時には、 拡張子 .gz のかわりに .suf を使う。 空でない任意の拡張子を指定できるが、 .z と .gz 以外の拡張子は使うべきでない。 他のシステムにファイルが転送されたときの混乱を避けるためである。

伸長時には、 入力ファイル名から出力ファイル名を抜き出す際に確認する拡張子のリストの先頭に .suf を追加する。

--synchronous

同期出力を行う。 このオプションを用いると、 システムクラッシュの際にデータを失う可能性が低くなるが、 処理速度はかなり低下する。

-t --test

検査する。 圧縮ファイルの整合性をチェックして終了する。

-v --verbose

詳細出力。 圧縮、 伸長される各ファイルについて名前と圧縮率を表示する。

-V --version

バージョン。 バージョン番号とコンパイルオプションを表示して終了する。

-# --fast --best

指定した数字 # を用いて圧縮のスピードを調整する。 -1--fast は最も速い圧縮法を示す (圧縮率は低い)。 -9--best は最も遅い圧縮法を示す (圧縮率は最も高い)。 デフォルトの圧縮レベルは -6 である (つまり、 速さを犠牲にして圧縮率の良い方にしてある)。

--rsyncable

2 つのコンピューター間で圧縮ファイルの同期を行う場合、 このオプションを用いると、 rsync はアーカイブ全体ではなく変更があったファイルのみを転送できるようになる。 通常、 アーカイブ内のファイルに変更が行われた場合、 圧縮アルゴリズムは新たなバージョンのアーカイブを生成し、 このバージョンは以前のバージョンのアーカイブとは一致しない。 その場合 rsync は、 リモートコンピューターに対して新たなバージョンのアーカイブ全体を転送する。 このオプションを用いると、 rsync は、 変更がかかったファイル、 およびアーカイブ内の変更が行われた領域を更新するために必要な最小限のメタデータのみを転送できる。

高度な使用法

複数の圧縮ファイルは連結することができる。 この場合、 gunzip はすべての圧縮ファイルを一度に伸長する。 たとえば、

gzip -c file1 > foo.gz gzip -c file2 >> foo.gz

の後に

gunzip -c foo

とするのは、 以下と同じである。

cat file1 file2

.gz ファイルのうち 1 つのファイルが壊れても、 (壊れたファイルを削除すれば) 他のファイルはまだ回復できる。 しかし、 次のようにすべてのファイルを一度に圧縮すれば、 より高い圧縮が得られる。

cat file1 file2 | gzip > foo.gz

これは下の例より高く圧縮できる。

gzip -c file1 file2 > foo.gz

より高い圧縮を得るために、 結合されたファイルをもう一度圧縮するには、 次のようにすること。

gzip -cd old.gz | gzip > new.gz

圧縮ファイルが複数の元ファイルで構成されている場合、 --list オプションで表示される伸長時のサイズと CRC は、 最後の元ファイルについてのみ適用されたものである。 すべての元ファイルについて伸長時のサイズが必要な場合は、 次のコマンドを使うこと。

gzip -cd file.gz | wc -c

複数の元ファイルからなる 1 つの書庫ファイルを作って、 後から元ファイルを別々に伸長できるようにしたいなら、 tar や zip といったアーカイバーを使うこと。 GNU tar は gzip を透過的に起動するために -z オプションをサポートしている。 gzip は tar の代用としてではなく、 tar を補完するものとして設計されている。

環境変数

古い環境変数 GZIP には gzip のデフォルトのオプションセットを入れることができる。 これらのオプションは最初に解釈され、 明示的にコマンドラインパラメーターを指定することでこれらを上書きできる。 ただし、 スクリプトを用いる際にはこの機能が問題になる場合がある。 したがって、 この機能は、 あまり支障がないと考えられるオプションに対してのみサポートされており、 仮に使用された場合 gzip は警告表示する。 この機能は gzip の将来のバージョンにおいて削除される予定である。

この代わりとして、 エイリアスやスクリプトを利用できる。 たとえば、 gzip がディレクトリ /usr/bin にある場合、 PATH 変数の先頭に $HOME/bin を追加し、 以下のような内容を含んだ実行スクリプト $HOME/bin/gzip を作成すればよい。

#! /bin/sh export PATH=/usr/bin exec gzip -9 "$@"

関連項目

znew(1), zcmp(1), zmore(1), zforce(1), gzexe(1), zip(1), unzip(1), compress(1)

gzip ファイル形式は P. Deutsch, GZIP file format specification version 4.3, <https://www.ietf.org/rfc/rfc1952.txt>, Internet RFC 1952 (May 1996) で規定されている。 zip deflation 形式は P. Deutsch, DEFLATE Compressed Data Format Specification version 1.3, <https://www.ietf.org/rfc/rfc1951.txt>, Internet RFC 1951 (May 1996) で規定されている。

診断メッセージ

通常、 終了ステータスは 0 である。 エラーが起きた場合、 終了ステータスは 1 である。 警告が起きた場合、 終了ステータスは 2 である。

Usage: gzip [-cdfhklLnNrtvV19] [-S suffix] [file ...]

無効なオプションがコマンドラインから指定された。

file : not in gzip format

gunzip に指示されたファイルが圧縮されたものではない。

file : Corrupt input. Use zcat to recover some data.

圧縮されたファイルが壊れている。 破損した位置までのデータは、 次のコマンドを使って修復できる。

zcat file > recover

file : compressed with xx bits, can only handle yy bits

ファイル が、 このマシン上での伸長コードより多くのビットを扱うことができるプログラムで (LZW を使って) 圧縮されている。 より高い圧縮ができ、 メモリ使用量の少ない、 gzip を使って ファイルを再圧縮すること。

file : already has .gz suffix -- unchanged

ファイルが既に圧縮されていると考えられる。 ファイル名を変更し、 再度試みること。

file already exists; do you wish to overwrite (y or n)?

出力ファイルで置き換えたいなら "y" と答えること。 さもなければ、 "n" と答えること。

gunzip: corrupt input

SIGSEGV 違反が検知された。 通常は、 入力ファイルが壊れていることを意味している。

xx.x% 圧縮により節約された入力のパーセント表示。

(-v-l のみに関連する。)

-- not a regular file or directory: ignored

入力ファイルが通常ファイルでもディレクトリでもない場合 (たとえば、 シンボリックリンク、 ソケット、 FIFO、 デバイスファイルの場合)、 変更せずにそのままにされる。

-- has xx other links: unchanged

入力ファイルにリンクが張られているので、 変更しない。 詳しい情報は ln(1) を参照すること。 複数にリンクが張られているファイルを強制的に圧縮するには -f フラグを使うこと。

重要な注意

圧縮されたデータをテープに書き込むときは、 一般的に、 出力のブロック境界をゼロで埋める必要がある。 伸長のためにデータを読み込んですべてのブロックを gunzip に渡すと、 gunzip は通常、 圧縮されたデータの後ろに余分なゴミが続いていると検知して、 警告を発する。 この警告を抑制するには --quiet オプションを使えばよい。

バグ

まれに --best オプションによって、 デフォルトの圧縮レベル (-6) より 圧縮が悪くなることがある。 非常に冗長なファイルでは、 compress による圧縮が gzip より良くなることがある。

バグ報告

バグ報告: bug-gzip@gnu.org
GNU gzip ホームページ: <https://www.gnu.org/software/gzip/>
GNU ソフトウェアを使用する際の一般的なヘルプ: <https://www.gnu.org/gethelp/>

著作権表示

Copyright © 1998-1999, 2001-2002, 2012, 2015-2022 Free Software Foundation, Inc.
Copyright © 1992, 1993 Jean-loup Gailly

Permission is granted to make and distribute verbatim copies of this manual provided the copyright notice and this permission notice are preserved on all copies.

Permission is granted to process this file through troff and print the results, provided the printed document carries copying permission notice identical to this one except for the removal of this paragraph (this paragraph not being relevant to the printed manual).

Permission is granted to copy and distribute modified versions of this manual under the conditions for verbatim copying, provided that the entire resulting derived work is distributed under the terms of a permission notice identical to this one.

Permission is granted to copy and distribute translations of this manual into another language, under the above conditions for modified versions, except that this permission notice may be stated in a translation approved by the Foundation.