名前

gzexe - 実行ファイルを実行できる形で圧縮する

書式

gzexe name . . .

説明

gzexe ユーティリティーは実行ファイルを圧縮する。 この圧縮ファイルが実行されると、自動的に伸長して起動する (性能の面でペナルティーがある)。 たとえば、“gzexe /usr/bin/gdb”を実行すると、以下の 2 つのファイルが生成される。



    -rwxr-xr-x  1 root root 1026675 Jun  7 13:53 /usr/bin/gdb
    -rwxr-xr-x  1 root root 2304524 May 30 13:02 /usr/bin/gdb~

/usr/bin/gdb~ は元のファイルで、/usr/bin/gdb は自己伸長実行ファイルである。 /usr/bin/gdb が正しく動作することが確かめられたら、/usr/bin/gdb~ は削除しても良い。

このユーティリティーは、ディスク容量が非常に小さいシステムでとても役立つ。

オプション

-d

指定された実行ファイルを圧縮する代わりに伸長する。

関連項目

gzip(1), znew(1), zmore(1), zcmp(1), zforce(1)

重要な注意

圧縮実行ファイルはシェルスクリプトある。 このことによって、何らかのセキュリティホールが生成される可能性がある。 特に、圧縮実行ファイルは gzip や他の標準ユーティリティ (basename, chmod, ln, mkdir, mktemp, rm, sleep, tail) を検索する際には PATH 環境変数に依存している。

バグ

gzexe は、元ファイルの属性を圧縮実行ファイルに引き継ごうとするが、 chmodchown を用いて手動で属性を修正しなければならない場合がある。