名前

grub-reboot - GRUB のデフォルトブート項目を設定します。 次回起動時に有効となります。

書式

grub-reboot [OPTION] MENU_ENTRY

説明

デフォルトのブートメニュー項目を設定します。 次回起動時に有効となります。

-h, --help

メッセージを表示して終了します。

-V, --version

バージョン情報を表示して終了します。

--boot-directory=DIR

GRUB イメージが /boot/grub ディレクトリではなく DIR/grub にあるものとします。

MENU_ENTRY は数値、メニュー項目のタイトル、メニュー項目の識別子です。 サブメニューやサブサブメニューにあるメニュー項目には、 サブメニュー内容とそのメニュー項目内容の指定が必要になる点を忘れないでください。 タイトルは大なり記号 (>) を使って区切り、 空白は含めません。 使用するシェルによっては、 > を含む文字列はエスケープが必要になる場合があります。 このことに関しての詳細は、 GRUB マニュアルの 'default' コマンドに関するセクションに説明されています。

注意: 環境ブロックが MDRAID 上や LVM 上に保存されているような場合に、 そこへの書き込みができなくなる可能性があるため、 再起動後であっても、 選択実行したブートメニュー項目は、 デフォルトとして保持されるようにしてください。

バグ報告

バグ報告は <bug-grub@gnu.org> までお願いします。

関連項目

grub-set-default(8), grub-editenv(1)

grub-reboot の完全なドキュメントは Texinfo マニュアルとしてメンテナンスされています。infogrub-reboot の両プログラムが適切にインストールされていれば、以下のコマンド

info grub-reboot

を実行して完全なマニュアルを参照できます。