名前

grub-install - デバイスへの GRUB のインストール

書式

grub-install [OPTION...] [OPTION] [INSTALL_DEVICE]

説明

ドライブに GRUB をインストールします。

--compress=no|xz|gz|lzo

GRUB ファイルを圧縮します。[任意]

--disable-shim-lock

shim_lock 確認を無効にします。

--dtb=FILE

指定する DTB を埋め込みます。

-d, --directory=DIR

DIR 内にあるイメージとモジュールを用います。 [デフォルト=/usr/lib/grub/<platform>]

--fonts=FONTS

FONTS をインストールします。 [デフォルト=unicode]

--install-modules=MODULES

MODULES とその依存モジュールのみをインストールします。 [デフォルト=all]

-k, --pubkey=FILE

署名確認のため公開鍵を FILE に埋め込みます。

--locale-directory=DIR は DIR 内にある翻訳ファイルを用います。

[デフォルト=/usr/share/locale]

--locales=LOCALES

LOCALES のみをインストールします。 [デフォルト=all]

--modules=MODULES

指定されたモジュール MODULES をプリロードします。

--sbat=FILE

SBAT メタデータ。

--themes=THEMES

THEMES をインストールします。 [デフォルト=starfield]

-v, --verbose

詳細メッセージを表示します。

--allow-floppy

ドライブをフロッピーとしても起動可能とします (デフォルトは fdX デバイスが対象)。 BIOS によっては動作しない場合があります。

--boot-directory=DIR

GRUB イメージのインストール先を、 boot/grub ディレクトリでなく DIR/grub ディレクトリとします。

--bootloader-id=ID

ブートローダーの ID。 本オプションは EFI または Mac においてのみ利用可能です。

--core-compress=xz|none|auto

コアイメージに対して用いる圧縮形式を選びます。

--disk-module=MODULE

使用するディスクモジュール (biosdisk または native)。 このオプションは BIOS ターゲットにおいてのみ利用することができます。

--efi-directory=DIR

EFI システムパーティションのルートとして DIR を用います。

--force

問題が検出されてもインストールします。

--force-file-id

UUID が利用可能であっても識別子ファイルを用います。

--label-bgcolor=COLOR

ラベルの背景色に COLOR を用います。

--label-color=COLOR

ラベル色に COLOR を用います。

--label-font=FILE

ラベルに対するフォントとして FILE を用います。

--macppc-directory=DIR は PPC MAC インストールに対して DIR を用います。

--no-bootsector

ブートセクターをインストールしません。

--no-nvram

`boot-device'/`Boot*' NVRAM 変数を更新しません。 このオプションは EFI と IEEE1275 ターゲットにおいてのみ利用可能です。

--no-rs-codes

埋め込み core.img である場合に、 リードソロモンコード (reed-solomon code) を適用しません。 このオプションは x86 BIOS ターゲットに対してのみ利用可能です。

--product-version=STRING

プロダクトバージョンとして STRING を用います。

--recheck

デバイスマップがすでに存在していた場合は削除します。

--removable

インストールされたデバイスをリムーバブルにします。 このオプションは EFI においてのみ利用可能です。

-s, --skip-fs-probe

DEVICE 内のファイルシステムを調査しません。

--target=TARGET

TARGET プラットフォームに対して GRUB をインストールします [デフォルト=i386-pc]。 利用可能なターゲットは以下のとおりです。 arm-coreboot, arm-efi, arm-uboot, arm64-efi, i386-coreboot, i386-efi, i386-ieee1275, i386-multiboot, i386-pc, i386-qemu, i386-xen, i386-xen_pvh, ia64-efi, mips-arc, mips-qemu_mips, mipsel-arc, mipsel-loongson, mipsel-qemu_mips, powerpc-ieee1275, riscv32-efi, riscv64-efi, sparc64-ieee1275, x86_64-efi, x86_64-xen

-?, --help

ヘルプ一覧を表示します。

--usage

簡単な使用方法を表示します。

-V, --version

プログラムバージョンを表示します。

ロングオプションにおいて必須の引数または任意の引数になっているものは、 ショートオプションにおいても同じく必須または任意です。

INSTALL_DEVICE はシステムデバイスファイル名でなければなりません。 grub-install は GRUB イメージを boot/grub にコピーします。 プラットフォームの中には、 GRUB をブートセクターにもインストールするものがあります。boot sector.

バグ報告

バグ報告は <bug-grub@gnu.org> までお願いします。

関連項目

grub-mkconfig(8), grub-mkimage(1), grub-mkrescue(1)

grub-install の完全なドキュメントは Texinfo マニュアルとしてメンテナンスされています。infogrub-install の両プログラムが適切にインストールされていれば、以下のコマンド

info grub-install

を実行して完全なマニュアルを参照できます。