名前

grub-bios-setup - GRUB を使ったデバイスの起動設定

書式

grub-bios-setup [OPTION...] DEVICE

説明

DEVICE から起動するためのイメージを設定します。

通常はこのプログラムを直接起動しません。 代わりに grub-install を使ってください。

-a, --allow-floppy

ドライブをフロッピーとしても起動可能とします (デフォルトは fdX デバイスが対象)。 BIOS によっては動作しない場合があります。

-b, --boot-image=FILE

ブートイメージとして FILE を用います。[デフォルト=boot.img]

-c, --core-image=FILE

コアイメージとして FILE を用います。 [デフォルト=core.img]

-d, --directory=DIR

ディレクトリ DIR にある GRUB ファイルを用います。 [デフォルト=/boot/grub]

-f, --force

問題が検出されてもインストールします。

-m, --device-map=FILE

デバイスマップとして FILE を用います。 [デフォルト = /boot/grub/device.map]

--no-rs-codes

埋め込み core.img である場合に、 リードソロモンコード (reed-solomon code) を適用しません。 このオプションは x86 BIOS ターゲットに対してのみ利用可能です。

-s, --skip-fs-probe

DEVICE 内のファイルシステムを調査しません。

-v, --verbose

詳細メッセージを表示します。

-?, --help

ヘルプ一覧を表示します。

--usage

簡単な使用方法を表示します。

-V, --version

プログラムバージョンを表示します。

ロングオプションにおいて必須の引数または任意の引数になっているものは、 ショートオプションにおいても同じく必須または任意です。

DEVICE は OS デバイス (つまり /dev/sda) でなければなりません。

バグ報告

バグ報告は <bug-grub@gnu.org> までお願いします。

関連項目

grub-install(8), grub-mkimage(1), grub-mkrescue(1)

grub-bios-setup の完全なドキュメントは Texinfo マニュアルとしてメンテナンスされています。 infogrub-bios-setup の両プログラムが適切にインストールされていれば、 以下のコマンド

info grub-bios-setup

を実行して完全なマニュアルを参照できます。