名前

grub-syslinux2cfg - syslinux 設定から grub.cfg への変換

書式

grub-syslinux2cfg [OPTION...] FILE

説明

syslinux 設定を GRUB 用に変換します。

-c, --cwd=DIR

syslinux のカレントディレクトリ。 [デフォルトは入力ファイルの親ディレクトリ]

-i, --isolinux

入力は isolinux 設定ファイルであるとみなします。

-o, --output=FILE

出力を FILE へ書き出します。 [デフォルト=stdout]

-p, --pxelinux

入力は pxelinux 設定ファイルであるとみなします。

-r, --root=DIR

syslinux ディスクのルートディレクトリ。 [デフォルト=/]

-s, --syslinux

入力は syslinux 設定ファイルであるとみなします。

-t, --target-root=DIR

実行時にルートディレクトリとなるディレクトリ。 [デフォルト=/]

-T, --target-cwd=DIR

実行時にカレントディレクトリとなる syslinux のディレクトリ。 [デフォルトは入力ファイルの親ディレクトリ]

-v, --verbose

詳細メッセージ表示を行います。

-?, --help

ヘルプ一覧を表示します。

--usage

簡単な使用方法を表示します。

-V, --version

プログラムバージョンを表示します。

ロングオプションにおいて必須の引数または任意の引数になっているものは、 ショートオプションにおいても同じく必須または任意です。

バグ報告

バグ報告は <bug-grub@gnu.org> までお願いします。

関連項目

grub-menulst2cfg(8)

grub-syslinux2cfg の完全なドキュメントは Texinfo マニュアルとしてメンテナンスされています。infogrub-syslinux2cfg の両プログラムが適切にインストールされていれば、以下のコマンド

info grub-syslinux2cfg

を実行して完全なマニュアルを参照できます。