名前

grub-mkrescue - GRUB レスキューイメージの生成

書式

grub-mkrescue [OPTION...] [OPTION] SOURCE...

説明

GRUB によりブート可能な CD-ROM、ディスク、ペンドライブ、フロッピーの各イメージを生成します。

--compress=no|xz|gz|lzo

GRUB ファイルを圧縮します。 [任意]

--dtb=FILE

指定された DTB を埋め込みます。

-d, --directory=DIR

DIR 配下のイメージとモジュールを使います。 [デフォルト=/usr/lib/grub/<platform>]

--disable-shim-lock

shim_lock 確認を無効にします。

--fonts=FONTS

FONTS をインストールします。 [デフォルト=unicode]

--install-modules=MODULES

MODULES とその依存モジュールのみをインストールします。 [デフォルト=all]

-k, --pubkey=FILE

署名チェックに対する公開鍵として FILE を埋め込みます。

--locale-directory=DIR DIR 配下のロケールデータを用います。

[デフォルト=/usr/share/locale]

--locales=LOCALES

LOCALES のみをインストールします。 [デフォルト=all]

--modules=MODULES

指定されたモジュール MODULES をプリロードします。

--sbat=FILE

SBAT メタデータ。

--themes=THEMES

THEMES をインストールします。 [デフォルト=starfield]

-v, --verbose

詳細メッセージ表示を行います。

--arcs-boot

ARCS (ビッグエンディアンの mips マシン、たいていは SGI) ブートを有効にします。 HFS+, APM, sparc64 は無効になります。 そして i386-pc に対するディスクイメージとして起動します。

--core-compress=xz|none|auto

コアイメージに対して用いる圧縮形式を選びます。

--label-bgcolor=COLOR

ラベルの背景色として COLOR を用います。

--label-color=COLOR

ラベルに対して COLOR を用います。

--label-font=FILE

ラベルに対するフォントとして FILE を用います。

-o, --output=FILE

出力結果を FILE に保存します。 [必須]

--product-name=STRING

製品名として STRING を用います。

--product-version=STRING

製品バージョンとして STRING を用います。

--rom-directory=DIR

ROM イメージを DIR に保存します。 [任意]

--sparc-boot

sparc ブートを有効にします。 HFS+, APM, ARCS は無効になります。 そして i386-pc のディスクイメージとしてブートします。

--xorriso=FILE

FILE を xorriso として用います。 [任意]

-?, --help

ヘルプ一覧を表示します。

--usage

簡単な使用方法を表示します。

-V, --version

プログラムバージョンを表示します。

ロングオプションにおいて必須の引数または任意の引数になっているものは、 ショートオプションにおいても同じく必須または任意です。

ブート可能な CD/USB/フロッピーイメージを生成します。 このプログラムに対するオプション以外の引数は xorriso に受け渡されます。 そこにはソースファイル、 ソースディレクトリなどがあります。 また `xorriso -as mkisofs -help' の出力に示される mkisofs のオプションも指定可能です。

オプション -- は xorriso のネイティブコマンドモードに切り替えます。

xorriso のサポートは <bug-xorriso@gnu.org> までメールしてください。

バグ報告

バグ報告は <bug-grub@gnu.org> までお願いします。

関連項目

grub-mkimage(1)

grub-mkrescue の完全なドキュメントは Texinfo マニュアルとしてメンテナンスされています。infogrub-mkrescue の両プログラムが適切にインストールされていれば、以下のコマンド

info grub-mkrescue

を実行して完全なマニュアルを参照できます。