名前

grub-mkimage - GRUB のブート可能イメージの生成

書式

grub-mkimage [OPTION...] [OPTION]... [MODULES]

説明

GRUB のブート可能イメージを生成します。

-c, --config=FILE

初期設定として FILE を埋め込みます。

-C, --compression=(xz|none|auto)

コアイメージに対して用いる圧縮形式を選びます。

-d, --directory=DIR

DIR 配下のイメージとモジュールを使います。 [デフォルト=/usr/lib/grub/<platform>]

--disable-shim-lock

shim_lock 確認を無効にします。

-D, --dtb=FILE

デバイスツリー (DTB) として FILE を埋め込みます。

-k, --pubkey=FILE

署名チェックに対する公開鍵として FILE を埋め込みます。

-m, --memdisk=FILE

memdisk イメージとして FILE を埋め込みます。

これは `-p (memdisk)/boot/grub' の指定を暗に含みます。

またそれ以前に指定されたプリフィックスを上書きしますが、

上書き後のプリフィックスは後のオプションによって上書きされることになります。

-n, --note

CHRP IEEE1275 に対する NOTE セグメントを追加します。

-o, --output=FILE

生成されたイメージを FILE に出力します。 [デフォルト=stdout]

-O, --format=FORMAT

FORMAT としてイメージを生成します。 利用可能なフォーマットは以下のとおりです。 i386-coreboot, i386-multiboot, i386-pc, i386-xen_pvh, i386-pc-pxe, i386-pc-eltorito, i386-efi, i386-ieee1275, i386-qemu, x86_64-efi, i386-xen, x86_64-xen, mipsel-yeeloong-flash, mipsel-fuloong2f-flash, mipsel-loongson-elf, powerpc-ieee1275, sparc64-ieee1275-raw, sparc64-ieee1275-cdcore, sparc64-ieee1275-aout, ia64-efi, mips-arc, mipsel-arc, mipsel-qemu_mips-elf, mips-qemu_mips-flash, mipsel-qemu_mips-flash, mips-qemu_mips-elf, arm-uboot, arm-coreboot-vexpress, arm-coreboot-veyron, arm-efi, arm64-efi, riscv32-efi, riscv64-efi

-p, --prefix=DIR

プリフィックスディレクトリを設定します。

-s, --sbat=FILE

SBAT メタデータ。

-v, --verbose

詳細メッセージ表示を行います。

-?, --help

ヘルプ一覧を表示します。

--usage

簡単な使用方法を表示します。

-V, --version

プログラムバージョンを表示します。

ロングオプションにおいて必須の引数または任意の引数になっているものは、 ショートオプションにおいても同じく必須または任意です。

バグ報告

バグ報告は <bug-grub@gnu.org> までお願いします。

関連項目

grub-install(8), grub-mkrescue(1), grub-mknetdir(8)

grub-mkimage の完全なドキュメントは Texinfo マニュアルとしてメンテナンスされています。infogrub-mkimage の両プログラムが適切にインストールされていれば、以下のコマンド

info grub-mkimage

を実行して完全なマニュアルを参照できます。