名前

gdbserver - GNU デバッガー用リモートサーバー

書式

gdbserver comm prog [args...]

gdbserver --attach comm pid

gdbserver --multi comm

説明

gdbserver は、デバッグ対象のプログラムを実行しているマシンとは異なるマシン上で GDB を実行することを可能にするプログラムです。

使用方法 (サーバー(ターゲット)側):

まず、デバッグ対象のプログラムのコピーをターゲットシステムに用意します。 gdbserver は、 シンボルを関知しないので、 使用スペースを節約するためにプログラムからシンボルを取り除く (strip する) のでも構いません。 すべてのシンボルの処理は、ホストシステム上において動作する GDB が行います。

サーバーを使用するためには、ターゲットシステムにログインし、gdbserver プログラムを実行します。 その際には (a) GDB との通信方法、 (b) プログラム名、 (c) プログラムへの引数 を指定する必要があります。 一般的な書式は以下のようになります。

target> gdbserver <comm> <program> [<args> ...]

たとえば、シリアルポートを使用する場合は、以下のようになります。

target> gdbserver /dev/com1 emacs foo.txt

この例では、gdbserver に対して、emacs に引数 foo.txt を与えてデバッグすることを指定しています。 そして GDB との通信に /dev/com1 を使用します。 gdbserver は、ホストの GDB が通信して来ることを辛抱強く待ちます。

TCP 接続を使用する場合は、以下のようになります。

target> gdbserver host:2345 emacs foo.txt

この例では、ホストの GDB との通信に TCP を用いる以外は、前の例と同じです。 引数 host:2345 は、host からの TCP 接続が ローカルの TCP ポート 2345 に接続されるのを待つ、という意味です。 (現状では host 部は無視されます。) ターゲットシステムで存在する TCP ポートとの衝突が無ければ、ポート番号は自由に選ぶことができます。 ホストの GDB の target remote コマンドで、 同じポート番号を指定する必要があります。 他のサービスと衝突するポート番号を 選んだ場合、 gdbserver はエラーメッセージを出力して終了します。

gdbserver は、 実行中のプログラムに接続することができます。 これを行うには --attach 引数を使用します。 書式は次の通りです。

target> gdbserver --attach <comm> <pid>

pid は現在実行中のプロセスのプロセス ID です。 gdbserver に実行中のプロセスのバイナリを指定する必要はありません。

初期起動するコマンド、 あるいはアタッチするプロセス ID を指定せずに gdbserver を起動するには、 コマンドラインオプション --multi を用います。 この場合は、 target extended-remote を利用して、デバッグしたいプログラムを起動して連携することが必要です。

target> gdbserver --multi <comm>

使用方法 (ホスト側):

GDB がシンボルテーブルを検査したりするため、 ホストシステムには、 ターゲットプログラムのシンボルが取り除かれていない (strip されていない) コピーが必要です。 通常の場合同様、 最初の引数にターゲットプログラムを指定して GDB を起動します。 (シリアル回線のボーレート (baud rate) が 9600 以外の場合は、--baud オプションの指定が必要になります。) つまり、gdb TARGET-PROG あるいは gdb --baud BAUD TARGET-PROG のように起動します。 その後、新たに覚える必要のあるコマンドは、target remote (あるいは target extended-remote) だけです。 コマンドの引数は、デバイス名 (通常 /dev/ttyb のようなシリアルデバイス) か、 HOST:PORT 記述子です。 たとえば、

(gdb) target remote /dev/ttyb

は、シリアル回線 /dev/ttyb を使用してサーバーと通信します。また、

(gdb) target remote the-target:2345

は、TCP 接続で、ホスト `the-target' の gdbserver を起動した時に指定したポートと同じポート 2345 を使用してサーバーと通信します。 TCP 接続の場合、 `target remote' コマンドを実行する前に gdbserver を実行しておく必要があります。 そうしないと、`Connection refused' というようなエラーになるでしょう。

gdbserver では、 一度に複数の inferior オブジェクトをデバッグできます。 これについては GDB マニュアルの Inferiors Connections and Programs ノードにおいて説明しています。 Ω- シェルコマンドでは info -f gdb -n Inferiors Connections and Programs とします。 この場合は、 GDB コマンドの別の形である extended-remote GDB を実行します。

(gdb) target extended-remote the-target:2345

gdbserver オプションである --multi は、 この場合に使っても使わなくてもかまいません。

オプション

gdbserver の起動方法には 3 つのモードがあります。

いずれのモードにおいても、 以下のオプションが指定できます。

--help

短い説明つきで、 すべてのオプションを表示します。

--version

このオプションにより gdbserver はバージョン番号を表示して終了します。

--attach

gdbserver は実行中プログラムにアタッチします。 その文法は以下のとおりです。 target> gdbserver --attach <comm> <pid> pid は現在実行中のプロセスのプロセス ID です。 gdbserver に実行中のプロセスのバイナリを指定する必要はありません。

--multi

初期起動するコマンド、 あるいはアタッチするプロセス ID を指定せずに gdbserver を起動するには、 このコマンドラインオプションを用います。 そして target extended-remote を利用して、 デバッグしたいプログラムを起動します。 その文法は以下のとおりです。 target> gdbserver --multi <comm>

--debug

gdbserver に対して、 デバッグ処理における追加ステータス情報を表示するように指示します。 このオプションは gdbserver 開発向けとして、 開発およびバグ報告に用いることを意図しています。

--remote-debug

gdbserver に対して、 リモートプロトコルによるデバッグ出力を行うことを指示します。 このオプションは gdbserver 開発向けとして、 開発およびバグ報告に用いることを意図しています。

--debug-file=filename

gdbserver に対して、デバッグ出力を指定した filename に書き出すことを指示します。 このオプションは gdbserver 開発向けとして、 開発およびバグ報告に用いることを意図しています。

--debug-format=option1[,option2,...]

gdbserver に対して、 デバッグ出力の各行に追加情報を含めることを指示します。

--wrapper

デバッグを行うために起動するプログラムのラッパーを指定します。 このオプションに続けて、 ラッパー名を指定することが必要です。 ラッパーに受け渡すコマンドライン引数があれば、続けて記述します。 -- を記述して、 ラッパーへの引数の終わりを指示します。

--once

デフォルトで gdbserver は TCP ポートを開いたまま、 待ち続けます。 したがって追加で接続することが可能です。 ただし gdbserver--once オプションをつけて実行すると、 最初の GDB セッションの接続を終えたら、 ポートの待ち受けを停止して、 それ以上の接続は行いません。

関連項目

GDB の完全なドキュメントは Texinfo マニュアルとしてメンテナンスされています。infogdb の両プログラム、および GDB の Texinfo ドキュメントが適切にインストールされていれば、以下のコマンド

info gdb

を実行して完全なマニュアルを参照できます。

Using GDB: A Guide to the GNU Source-Level Debugger, Richard M. Stallman and Roland H. Pesch, July 1991.

著作権

Copyright (c) 1988-2022 Free Software Foundation, Inc.

Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.3 or any later version published by the Free Software Foundation; with the Invariant Sections being Free Software and Free Software Needs Free Documentation, with the Front-Cover Texts being A GNU Manual, and with the Back-Cover Texts as in (a) below.

(a) FSF の裏表紙には、 以下の文章が記述されています: You are free to copy and modify this GNU Manual. Buying copies from GNU Press supports the FSF in developing GNU and promoting software freedom.