名前

sdiff - 横並び形式によるファイル差異のマージ

書式

sdiff [OPTION]... FILE1 FILE2

説明

FILE1 と FILE2 の違いを、 横並び形式で表示してマージします。

ロングオプションにおいて必須の引数であるものは、 ショートオプションにおいても必須です。

-o, --output=FILE

対話的に処理を行い、処理結果を FILE に出力します。

-i, --ignore-case

英字の大文字小文字は同じとして扱います。

-E, --ignore-tab-expansion

タブ展開による違いを無視します。

-Z, --ignore-trailing-space

行末のホワイトスペースは無視します。

-b, --ignore-space-change

ホワイトスペース数の違いを無視します。

-W, --ignore-all-space

ホワイトスペースをすべて無視します。

-B, --ignore-blank-lines

空行だけの違いは無視します。

-I, --ignore-matching-lines=RE

RE に一致する行は、 違いがないものとして無視します。

--strip-trailing-cr

入力における文末のキャリッジリターンを取り除きます。

-a, --text

ファイルはすべてテキストファイルとして扱います。

-w, --width=NUM

NUM カラム以内で出力します (デフォルトは 130)。

-l, --left-column

2 段組出力において共通する行は左側のみ表示します。

-s, --suppress-common-lines

共通する行は表示しません。

-t, --expand-tabs

出力にあたってタブ文字を空白文字に展開します。

--tabsize=NUM

タブ位置を NUM カラムごとに設定します (デフォルトは 8)。

-d, --minimal

できるだけ小さな差分を見つけるようにします。

-H, --speed-large-files

大きなファイルであって、小さな違いがたくさん含まれると想定して処理します。

--diff-program=PROGRAM

ファイル比較に PROGRAM を使います。

--help

ヘルプを表示して終了します。

-v, --version

バージョン情報を出力して終了します。

FILE が '-' である場合、 標準入力から読み込みます。 終了ステータスは、 入力ファイルの内容が同じであれば 0、 異なっていれば 1、 何か問題が発生すれば 2 です。

著者

Thomas Lord

バグ報告

バグ報告は bug-diffutils@gnu.org までお願いします。
GNU diffutils ホームページ: <https://www.gnu.org/software/diffutils/>
GNU ソフトウェアの全般的なヘルプ: <https://www.gnu.org/gethelp/>

著作権

Copyright © 2021 Free Software Foundation, Inc. License GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <https://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

関連項目

cmp(1), diff(1), diff3(1)

sdiff の完全なドキュメントは Texinfo マニュアルとしてメンテナンスされています。 infosdiff の両プログラムが適切にインストールされていれば、 以下のコマンド

info sdiff

を実行して完全なマニュアルを参照できます。